主な活動場所
つくばみらい市立富士見ヶ丘小学校、JOGA Futsal Park TSUKUBA
 『絆』
2018-03-12

■日時:3/11(日)13:00~16:00
■場所:つくばみらい市立陽光台小学校

 2018.3.11 TRM 以前、フットサルの大会でお世話になった八原SSSさんと県西から八千代SSさんにお越し頂きまして、当チームホームグランドで練習試合を行いました。ともに素晴しいチームで、プレッシングの速さでしたり、1stボールへのコンタクト、足元の技術、先週述べた「声」の部分でしたり勉強になる面が多く、選手達も学ぶ面が多かったのかなと思います。しっかり、選手達がそれを感じ、自分達の意思でその2チームの試合を観戦しておりましたv
 さらに見習うべき点はさらにオフの部分で、選手達が率先してゴールの片づけを手伝ってくれたり最後には、私たちコーチ陣にまで握手を求めてくれました。「素晴しい」の一言です。
 3月11日の午後での練習試合ということもあり、2チームにご協力とご理解を頂きまして、14時46分、3チームで輪になり選手同士、手を繋いで黙とうを捧げました。東日本大震災が起きてから7年が経過し、この子達の年代は当時3歳、みんな記憶がないと言っておりました。風化させてはいけない。子供達にきちんと伝えること。未だ、その爪痕は深く多くの人たちが復興に向けて前に進んでおります。この地域も少なからず被災にあった地域の一部で決して他人ごとは言えず多くのことを考えさせるそんな日です。子供達には、サッカーを出来る喜びや仲間がいるからサッカーができる。一人ではサッカーはできないと…。感謝の気持ちを含めて、東北の人たちに敬意を表し頑張ろうの気持ちを込めました。目を閉じれば自分一人の世界になる。でも、手を取り合うことで、手のひらには仲間の温もりを感じることが出来る。ひとりじゃないよと…。選手達がサッカーだけでなく人として成長する。仲間を大切にする気持ちを感じてもらえれば幸いです。「絆」ですね。
 ご協力いただきました。八千代SSさん、八原SSSさん、ありがとうございました。
サッカー以外でも充実した練習試合となりました。今後ともCervo FC共々、宜しくお願い申し上げます。
 本日も花粉が飛び交う中、審判団、父母の方々、コート設営、応援・送迎とありがとうございました。