主な活動場所
つくばみらい市立富士見ヶ丘小学校、JOGA Futsal Park TSUKUBA
 GW→GK
2018-05-07


 GWも終わってしまい。GWどこか行ったの?の質問に、水戸(大会)!含めサッカーで6日間も過ごしました(笑)
GWの言葉からGKが思いついたので浅い知識で述べてみよう。
 先日、当チームの守護神が負傷で戦線離脱中、このところ全員持ち回りでGKすることが多くなった。GKをやりたくないという選手もいる。まあ、解らないでもない。GKは、日本では人気があまりないですよねえ~。これが、どう響くか?W杯で優勝するチームは、GKがハンパない!! そこですよね。つまり、GKの育成がしっかり出来ている国が強い!そして、GKの人気も高い!ですので、日本も根本的にこの部分を変えていかないとW杯での優勝は夢のまた夢のような気がします。
 これからの日本のジュニア年代のGKを育成するうえでカギとなるのが環境とGK指導者の育成ですね。昔から、GK指導の部分でトップクラスはドイツ!各国から多くの指導者がドイツでGK指導を学ぶなど世界的に有名ですよね。そして、GKの人気も高い!とくれば、いいプレーヤーが育つのは必然。ノイアー!早く復帰してぇ~(T3T)
キャプつばの若林君もドイツに行きましたからね!それで、有名?(笑)
私自身、GKの技術の知識はほとんど無いに等しい。ですので、なんですが…。あっ、当チームのコーチに現役でGKやっているひといたぁ~!!是非、ドイツで指導法を学んできてください…。m(__)m
 でわ、子供にGKの技術を教えること出来ないじゃん!そこ!基本技術は、指導者講習でさらっとやるぐらい。まあ、構えとかポジショニングとか。その浅い知識に自分なりにFPとして嫌なGKを想像して、こうすれば、シュートを止められるなど。FPの発想の逆を考える。ですから、私自身、GKを育成するのは厳しい中、現役でGKをやっているコーチの知識は、当チームのGKにとってありがたいですよね。自分も勉強になりますしv
 全日本少年サッカーを見ても勝ち進むチームはGKがほんと上手い!(上手いGKがいるとFPも安心したプレーにつながりますよね。)そういうチームは環境がいいクラブチームなどで天然芝や人工芝で練習しているチームが多いのかなと。勿論、それだけではないのですが。子供たちに聞くと、GKが嫌な理由に怖い、痛いからがある。確かに、少年団などは土のグランドでの練習が大半で、GKが飛んだり、滑ったりすると間違いなく怪我に結び付くので、思い切った練習はしづらいが現状ですよね。近年、クラブチームのグランドが人工芝化することで、よいGKが育成されるのではないでしょうか?期待!日本の選手では、柏の中村選手はほんと良く飛ぶ!!あ~いう、GK好きだなぁ~!
 GKはメンタルも強くなくてはなりませんし、経験も要求される。プロのGKでベテランGKが活躍しているのはそこでしょうね。イタリアのブッフォンは現在40歳ですぞ!参りました m(__)m
 世界中には、素晴らしいGKが沢山おりますので、これから始まるロシアW杯でGKに注目して観るのも楽しみ方のひとつですね。GKが嫌にならない選手達を育成していくうえで…。自分自身も、これからGKの指導法を勉強してみようかなと思います。