主な活動場所
つくばみらい市立富士見ヶ丘小学校、JOGA Futsal Park TSUKUBA
 涙
2018-10-16


オール5年生で挑んだ全日本U-12サッカー茨城県県南予選2次ラウンド。
結果、1勝1敗1分。得失点差で惜しくも2位通過ならず。
1位のチームとは歴然とした力の差を見せつけられ、自分達の到達していない部分がはっきりとし、今後の修正課題が浮き彫りとなった内容でした。初戦を落とし、崖っぷちに追い込まれた状況での2戦目。選手達の気持ちが見えた試合でした。気持ちの入った先制弾!素晴らしいゴールでしたv 後半、先制するもロスタイムでFKを与え、見事追いつかれる内容。引き分けとはいえ、試合終了後、選手全員、涙し、悔しいという気持ちを見せてくれました。負けたわけではない。最後に追いつかれた。それが悔しい!そう思えるその気持ちが君たちをまた成長させる。この大会を通して、U-12のチームによく走ったし、全力でプレーできたことは、必ず来年に繋がるはず。
 最終戦もしっかり気持ちを立て直し勝ち切れたこと。素晴らしいよ。結果的に、得失点差で県大会の『切符』は逃したけど、半年前、悔しい思いをしたその経験が、今回、ひとつ壁を乗り越えて、ひとつ上の景色を見れたんだと。正直、県大会の景色も見せてあがたかったけど。きっと、まだまだ!ってことだと受け止めて、また一歩一歩『努力』し登っていこう!
今年の最大目標はここじゃない!U-11の公式大会に向けて、これからしっかり調整!次こそ、県大会の景色をみんなと見れること!願ってます。
 それと、先週ここで書いたことからか、選手達が審判団に『審判ありがとうございました』と声を掛ける選手が増えたこと、とっても素晴らしいことだと思います。審判団、いつもありがとうございます。
 父母の方々、送迎・応援、ありがとうございました。
会場を提供してくださったデルソルさん、ありがとうございました。
運営、八原さん、ありがとうございました。試合でも大変、勉強になりました。
対戦してくださった全てのチームに感謝です。ありがとうございました。