一般社団法人メンタルさぽーたーずLabo

■カテゴリ:福祉・ボランティア - 福祉・ボランティアその他

■主な活動場所:大阪府、兵庫県

対人援助をしている人や対人関係で困る人のため「聴き・考え・動く」

自殺報道の影響

2020年09月28日
芸能人の自殺報道が続いている。
名前もよく知っている人が『自殺』と報道されると、誰しも少なからず影響をうける。
日頃『死にたい』という思いを持っている人はより大きい。
死にたい気持ちに衝動性がプラスされると実行してしまう。とある精神科医の本にあった。
その衝動性はそれほど長い時間ではなく、ほんの5~6分。
その時間をやり過ごせれば、実行することは少なくなる。
衝動が起こった時に、誰かに話をすることが気持ちを収めるのに役立つ。
ただし、話しを聴く相手が誰でも良いという言わけではない。
しっかり、ちゃんと、逃げずに受け止めて『聴ける』人でなければならない。
でもそんな人がどこにいるのか?
探している間もない。
衝動性はいつ起こってくるかわからない。
本来なら身近な人がちゃんと『聴く』役割ができればいい。

まずは『死にたい』思いが強まったら、衝動性が出てきたなら、専門の相談機関に電話してほしい。

厚労省 『よりそいホットライン』0120-273-338 24時間対応
いのちの電話 https://www.inochinodenwa.org/lifeline.php
こころの健康相談統一ダイヤル (0570-064-556)最寄りの健康保健センター等につながります。

コメント(0)
最終更新日時:2020年09月28日 14時54分
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5

  • イベント情報
  • 2020年12月04日(金) 10時15分~11時30分 指deパステル


  • アルバム
携帯からのアクセスはこちら