主な活動場所
年中 毎週水曜日19時~21時 鳥取ドーム(屋内オムニコート3面)で活動しております。

夏期 毎週土曜日13時~体力の続く限り 市民コート(屋外オムにコート)で活動しております。 
 飛んでる? その1
2017-07-01
M川氏が言っていた。 地域によって球の伸びが違うからその都度テンションを変えると。 考えもしなかった。 

通常私はポリストリングをテンション52lbsを基本にラケット、ストリングの性能(反発力ですかね?)で前後3ポンドぐらい調節している。 ホームストリンガーなので頻繁に張り替えられるため、ラケットとストリングの相性など意外と用意にテスト出来ます。 なので、自分なりにラケット毎(まあ、普通の人は一種類のラケットしか使用しないんでしょうけどね(笑))に、合うストリングとテンションは把握しています。

時々地方の大会に行きます。 もちろん、前日に張り上げて出発します。 一応、飛びすぎる事を想定し、飛びを抑えたセティングのラケットも用意して行きます。 結局、この予備のラケットを使うことが多い訳です。 
 
例えば昨日で言うと帯広あたりが22℃に対し釧路は濃霧も発生してたので12℃。 もちろん湿度も高いでしょう。 この環境で同じにボールが飛ぶ訳ないですよね?

てっきり、アドレナリンが出過ぎるのが原因だと思っていました。 気候が関与しているなんて。 先日の帯広での大会。 思い切って通常52lbsのところ57lbsで張ってみました。 大成功でした。 全くストレス無くプレーできました。 

言っておきますが、大会に3種類以上のラケットを持参する私です。 決して繊細なテニスをするわけではありません。 なので、実際にはさほど代わらないのかもしれません。 どちらかというと精神的安心感が大きいのかもしれませんね。 でも実際に暖かい場所では飛ぶ。 これは間違いないようです。