主な活動場所
渋谷区立神宮前小学校
港区立青南小学校
港区立笄小学校(日曜日のみ)
 11/26(日)2年生練習試合 vsFCトリプレッタ
2017-11-27
こんにちは。
美竹の松岡修造こと、なっつーです。

昨日、11月26日(日)に
FCトリプレッタさんにお越しいただき、
笄小学校にて2年生の練習試合を行いました。

また当日は、同時並行して、
9時~10時まで通常クラスの練習も行いましたが、
こちらも短時間で集中して学年の垣根を越えた、
有意義な練習ができていたと思います。
みんなハアハア言いながら、新しい芝生の校庭で良い汗を流していました!
良い練習ができたね!


さて、練習試合の話に戻ると、
「まずはサッカーをする準備をしよう!」という話をしました。

サッカーの準備というのは、
荷物を整理整頓して並べておき、
水筒も一ヶ所に並べて置く、すね当て、ボール、ユニホームとサッカーができる準備をしっかりすることです。

それができてから、次に、
「試合の準備をしよう!」という話をしました。
試合の準備とは、心と体の準備のことです。
これから、試合をするんだ!という気持ちの部分と
試合の中で怪我をせずに、100%の力を出せるようにする準備運動が必要になります。

これらを伝えて、W-upを行った後、
最初は、小さいコートで5対5の試合(10分1本)を行いました。
こちらの試合では、選手はまだエンジンがかかり切っておらず、
また、対戦相手に遠慮してしまうところが散見され、
本来の力を出し切れていません。。。

また、その後、大きなコートに変更し、8対8(10分1本)となりました。
こちらも1本目は、1-4で敗れてしまいました。
ここで選手たちに伝えました。

「ここにいる選手の中で、本気で頑張りたい、勝ちたい、上手くなりたい、と思っている選手と、なんとなく、試合に出てしまっている選手がはっきり分かれちゃっているよ。このままだと、置いていかれちゃう選手が出てしまう。でも、コーチはそれは嫌だ!美竹SC全体として、みんなにサッカーを楽しんで欲しいし、強く、上手くなって、勝ってほしい。だから、次の試合からもう一度気持ちを入れなおして、100%で闘ってほしい。」

この話をしたときのみんなの表情は真剣そのものでした。
それがとても嬉しかった。
そして、やばい、やらなきゃ!と思ったのか、
次の試合は4-0で勝利しました!
やればできるじゃん!
みんな勝つ喜びや、自信というものを感じている、
そんな表情でした。

さて、ここで気持ちの部分を意識してもらうことができたので、
次なるステップ、
サッカーの話をしました。

「サッカーには攻めと守りがあり、それぞれポジションを意識しなければならないよ。攻めるときには、相手にばれない、見つからないポジションに立つ!守るときには、相手のお腹側ではなく、背中側に立つ!相手の背番号が見える位置にすぐにポジションに付こう!」

すごく、シンプルですが、これがサッカーの基本!
そして、これらを選手たちはすぐに試合中に表現してくれました。

相手に臆することなく、しっかりとボールを奪いに行き、
奪った後は、みんなでゴールを目指していました!

ここでは書ききれないほど、
素晴らしいプレーや、あとちょっとのプレー、そして驚かされるようなプレーなど、
みんなの可能性は無限大だな、ということを再認識させられました。

トータルの結果としては、
9試合をやって、9-10と負けてしまいました。

まだまだ、
体力面や正確に強いボールを蹴るなどの技術が足りなかったね!
でも、それはこれからの練習で必ず上達できるよ!

コーチは、教えているようで、
実は逆で、いつもみんなのプレーに学ばせてもらっているよ!
ありがとう!!

今回、練習試合を組んでくださった、
FCトリプレッタさん、ありがとうございました。
ぜひ、またお願いします!

当日試合を見に来ていただき、沢山のご声援を送っていただきました、
保護者の皆様、みんなの力になりました!
ありがとうございました!

今後とも、
どうぞ宜しくお願いいたします。

美竹サッカークラブ
酒本夏輝