美し野美術教室 横浜市 港南区 【芸術による教育の会】美術 絵画、造形、工作、アート

■カテゴリ:芸術 - 美術

新しくリニューアルしました。こちらご覧ください。
美し野美術教室 新サイトhttps://www.docodemo-art.com/member/class/cid167/

表現力の幅を広げる「コラージュ制作」そして【見立て遊び】からの学び 

2019年06月25日
こんにちは!
いつも元気でハッピーなワクワクのつねお先生です。
久々にブログを書きます。
なかなか忙しい日々をワクワクしながら送っています。

さて昨日の幼児クラスレッスンは「コラージュ制作」でした。
お絵描きとコラージュの融合は見ていて面白さ満点です。
「なんでこんなお絵描きができるんだ!?」とつねお先生はもうジェラシー!(笑)
アート、表現ってこういうことですよね。

素材との出会い、粗大をどう扱うかも子供達にとってはもう遊びの一環ですね。
たくさんの遊びから様々な体感を通してたくさんの気づきや学びが生まれます。

いつもと違う様々な素材を切ること。
硬い、柔らかい、フワフワ、サクサク、パリパリ、ジャリジャリ、それぞれの素材の性質や切った時の感触や音などを大事に拾って、その違いや体感を楽しみました。
それぞれの素材を切ることや切った時の違いを楽しむことは子どもたちの素材への好奇心や探求心を刺激します。
さらにその切った素材をコラージュして一つの形として作品にしていきました。
この作品のなかには子どもたちそれぞれの発見やアイデアが詰まっています。



子供達は素材の組み合わせ・素材単体、切り刻んだ素材の形などから「見立て」を始めます。
手触り、はさみを入れた感触、素材の輪郭、エッジの方さ、柔らかさ、体感を通して
「これをどうしたら面白くなるんだろう?」と想像し始めます。



「見立て遊び」は今まで知っている経験・知識を再現しようとします。
そこには子供達のイメージ力、想像力が広がる学びとなっていきます。
「何に見えるかな?」「あ!●●に見えた!」という入り口から入る子もいれば
「よし!僕の好きな●●にしちゃうぞ!」とイメージの入り口にする子もいます。


いつもの表現(お絵描き)と違ったパターンが生まれやすいですね。
今までの価値観やイメージを広げるいいきっかけが今回のコラージュ制作の面白いところでした

想像力が広がることって何がいいことなんでしょうか。
「自分が経験した過去のこと」や経験したことないけれどこうなるのかな?こうなったら面白いなあ」の両方を具体的に思い描く力のことをいうそうです。
想像力がある人は様々な可能性を思い描くことができるので、ほかの人の気持ちに共感したりする能力も高いと言われています。

これってとっても重要ではないでしょうか?

幼児期は皆、自己中心的に生きています。
成長とともに自分と他者、外の世界と自分の世界の関係性を学んでいきます。

想像力を育むことは自分以外の存在に気づくこと。自分と世の中の関わりに気づくこと。
・・・・生きる力を育てること・・・・・
未来を、夢を、創り出す力が身につきます。

子供達は常に美術での遊び・制作を通してこの「想像力」を育てています。
ぜひ子供たちの日常の遊びに着目してみてください。
めっちゃ面白いですよ!

出来上がった作品にはた〜〜〜くさん愛してポジティブな声をかけてあげて褒めてくださいね。

美し野美術教室 三石恒夫
https://www.geijyutuniyoru.com/news/lecturer/mitsuishi







コメント(0)
最終更新日時:2019年06月25日 10時44分
カレンダー
<<7月   8月   9月>>
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
携帯からのアクセスはこちら