■カテゴリ:芸術 - 美術

いろんなカタツムリ🐌

2019年06月12日
こんにちは!

先々週からお試しで始めてみたブログですが、予想以上に皆さんに見ていただけまして、
とてもうれしいびっくりです✨ ありがとうございます!😄

先週は、粘土の制作を行いました!
これまでの自由な粘土制作と比べて、具体的に「カタツムリ」というものの形をつくっていく所から始まります。
まずはじめに、梅雨の時期だからこそ想像しやすいカタツムリという題材を、みんなでいっしょに作ることにより達成感を味わいます。
その後は、「のばす」「丸める」「きる」「つまむ」「ちぎる」など自分ができる事の幅を広げながら制作を行います。
同じカタツムリでも、形はさまざま。
「太いぐるぐるだったら遠くからでもよく見えるよ!」
「ほそーくしたら、いっぱいぐるぐるできちゃった!」

「カタツムリは雨だけど、クワガタは晴れ!☀️」
「雨といえば…カエルも作りたいなあ🐸」
といって、新たなものを作り始める子もいました。

それぞれ自分の粘土さんにストーリーがあって、こねこねしながらたくさんお話しができました🌈


6月のかおり美術教室では、年長さんの体験を募集しています!
初回限定で無料体験ができます!!

定員は、水曜日が残り7名、木曜日Aが6名、Bが4名、金曜日Aが3名、Bが3名です。
先着順で、定員になり次第受付終了となります。

レッスン内容は、
6/19、20、21「パックンかえる(工作)」
6/26、27、28「切り抜いた形からの発想画(発想画)」
となっております💪

「たくさんのお友だちがいると、自分が見てもらえる時間が減っちゃうかも…」
と思ってしまうかもしれません。
しかし、人数が増えることで、たくさんのお友だちの作品に触れることができます。

限られた環境の中で生きていると、「自分と違うもの」に突然出会った時、防衛本能が働いき、攻撃的になってしまうことって、大人でもあると思うんです。
「それって変だよ」「それって普通じゃないよ」「これが当たり前だよね」
でも、みんなに共通する普通なことなんて、とっても少ない。

美術教室では、みんなの「違い」「変」をそのまま受け入れます。
細くてなが〜いカタツムリさんも、ちっちゃいカタツムリさんも、どっしりずんぐりなカタツムリさんも。
「みんなちがって、みんないい」というのはよく耳にする言葉ですが、
「みんなちがうから、みんないい」んです!

よ〜しっ!今日のレッスンもたくさん楽しむぞ〜!




コメント(0)
最終更新日時:2019年06月12日 14時14分
カレンダー
<<6月   7月   8月>>
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
携帯からのアクセスはこちら