3月 小学生 スパイスボックス
 2018-03-02
制作では、道具の扱いをしっかりできるようになることがとても大切です。
幼児期では、のりの使い方から始まり、はさみ、セロハンテープ、ペンどんどん使える道具が増えてきました。
道具を扱うには基礎的な知識が必要です。
のこぎりは約束を守らなければ危険な道具でもあります。
木を切ることができる、というのは子どもにとって憧れです。
道具の使い方を学び、扱うことの喜びを感じながら制作を行います。
◆普段の生活で使える物を自分で作る◆
自らの手で作り、使うことが出来ればとても大切な思い出になります。
子ども時代の思い出になればとてもステキです。

投稿期間:3月31日まで