油粘土 粘土かたつむりの世界 立体感覚の学び

2019年06月21日
こんにちは(^.^)
いつもワクワク元気のつねお先生です。
最近ブログのアップができていませんでした。

最近は幼稚園協会や、園での研修会の講師をすることも多く、また、ありがたいことにご縁が繋がり様々な幼稚園での指導の依頼が集中していて、午前中バタバタがすごっかったです。
梅雨に入り体調を崩しがちで日々のレッスンで精一杯でした・・・

そんな中昨日は油粘土のカリキュラムでした。
年長と年中とで指導を分けて行っています。
年中のお友達は望月直子先生がメインで指導を行ってくれています。
つねお先生は子供たちと一緒に遊びながら生徒の指導に入っています。
 年中の今ぐらいになると年少の頃と比べても、大分自分の思うように道具が使えたりできる時期ではないでしょうか。
今回の粘土の制作では、これまでの粘土制作と比べて具体的にカタツムリの形をつくっていく所から始まります。
カタツムリの形をみんなで作って達成感を味わいます。
その後は、「のばす」「丸める」「きる」「つまむ」「ちぎる」など自分ができる事の幅を広げながら制作を行います。
基本的な粘土の素材を自分のイメージしたものを具現化して立体的に起こすスタートの位置に入ります。
いろんなかたつむりちゃんのお庭が広がっているのがめっちゃ楽しい〜〜〜


年長の指導は元気がフルパワーのたくみ先生がメインに指導をしてくれています。
こちらも、つねお先生は生徒たちの横で一緒に遊びながら指導を行っています

こう書いていると、なんだかつねお先生はいつも遊んでばかりの感じもしますね・・・

年長になると粘土の扱いも、立体的、空間的な扱いも成長しているので、「彫刻」の学びを取り入れながら指導をしました。

地余(じあま)という言葉聞いたことありますか?
お恥ずかしい限りですが僕は先日聞いたばかりです(笑)
同じ芸術による教育の会、同僚でもある彫刻作家の先生に伺いました。
地余(じあま)というのは彫刻の作品の「台座の部分」のことをいうそうです。

年長にはこの【地余(じあま)】を意識して粘土で作った土台を渡して、土台の中でこの中での世界観、イメージを広げることを行っていました。
土台を意識することで、作品を「どう見せるか」を意識し始めて作り始めます。
土台があることで、日常と切り離した意識、自分だけの特別な空間が見えてくるようです。


すごいです・・・
3次元を意識して作り始めています。空気、空間、「間」を意識して粘土をくみたてています。
台座の上の空間は粘土かたつむりの世界が空まで広がっていくようです。
感動がたくさん生まれた日でした!
本当にいつも素敵な作品、素敵な笑顔ありがとうございます!と子供たちには感謝です。

来週6/27はレッスンお休みとなります
次は7/4ですね。
ぜひ楽しみに美術に来てくださいね!
よろしくお願い致します!

三ツ池幼稚園美術教室
つねお先生 たくみ先生 なおこ先生より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
もちろん粘土の効果、心理的な効果は抜群です。
先日のドッカン粘土でも記述しているように
【粘土は心をほぐす!】
これすごいです。ぜひお読みください。

① ねんどコネコネのひみつ
皆さんは粘土をコネコネしたことがありますか?粘土をさわるとあることに気づきます。粘土は人肌のように柔らかく、ぬいぐるみが大好きなように子どもたちは粘土が大好きです。粘土は肌にふれたときの感触と似ています。ですから、粘土を触っていると、自然と心が退行し、赤ちゃんの時の感触を思い出し、気持ちいい感覚に浸ることができます。

② 気持ちよさのひみつ
気持ちよい感覚を得ると心が満たされリラックス効果が得られます。一時的にでも、日常のイライラした感情や葛藤、不安やプレッシャーなどから解放され、心穏やかになることができると本来のじぶんらしさを取り戻すことができます。
ですから、子どもから大人まで粘土を触るとなにかふしぎな心地よさを覚えるのです。

③ 快の感情のひみつ
学びには『快の感情』が重要と言われています。『きもちいい~!』「たのしい~!」『やった~!』『おもしろい!』「うれしい!」『できた~!』などの快の感情が起こるとそこで学んだことについての記憶が長く残ります。さらにそれについてタイミングよく褒められると、それがさらに脳に記憶され、その状態をまた得ようとすることが、学びの意欲へとつながっていくのです。学びは快の感情をたくさん体験できる機会をつくるところからはじまります。そして美術こそそれを満たすことができます。

コメント(0)
最終更新日時:2019年06月21日 09時54分
カレンダー
<<7月   8月   9月>>
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


携帯からのアクセスはこちら