■カテゴリ:芸術 - 美術

春、アートで心もすっきり、新生活を迎えよう

2018年04月06日
春、新しい生活のスタートする季節ですね。これをお読みいただいている皆さまも、新しい環境にわくわくする気持ち・少し緊張する気持ちなど、普段と違う心もちの方もいらっしゃるでしょうか。

 子ども達も同じようです。環境の変化は、嬉しくもあり、先のみえない不安や緊張もあるのでしょう。美術の場でも「あれ、この子なんだかいつもと様子が違う」と感じるのは、春が多いです。この間まで具体的に描いていた子の絵がぐちゃぐちゃ描きになったりします。そんな時、子どもにどう対応したらいいのでしょうか?

 「絵がぐちゃぐちゃ描きになってもとめない、イライラもやもやの発散を思う存分してもらう。」これは、ためていた気持ちを吐き出す行為です。便秘と同じで、ためていると苦しいですよね。
 そして子どもに対して「気持ちよかったね」と声をかけること。それは、ぐちゃぐちゃ描きをした行動(気持ちをだしたこと)、そしてその子の今をOKと認めることです。そうすると、子ども達の表情は変わり、すっきりとしたお顔になります。

 

 子どもの表情・行動・絵に表れているのは、その子が1番きいてほしい心の声です。「不安だよ、ちゃんとなんてできない」でも子ども達は、言葉では言ってはくれません。それは言葉では表現するのが難しい、そして「しっかりしなきゃ」と自分を叱咤激励する気持ちもあるからではないかと思います。葛藤のなか、がんばっているのでしょうね。そんな子ども達に絵の中でいっぱい出してもらい、すっきりした心で新しい生活を送ってもらえたらと思います。

コメント(0)
最終更新日時:2018年04月06日 14時21分
カレンダー
<<8月   9月   10月>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
携帯からのアクセスはこちら