■カテゴリ:学問・勉強会 - 工学

■主な活動場所:福岡大学6号館3階 中央階段付近

このページは一般公開されています。書き込みは制限されています。
「大学の研究室ってどんなとこ?」という疑問にお答えできればと思い、高校生にもわかる言葉で研究室のブログを一般公開します。

応用化学と化学工学

2019年06月28日
化学は「化(ば)ける」ですが、工学部の化学系学科は「応用化学」と「化学工学」の大きく2つに分類されます。

応用化学は「何を」作るのか、化学工学は「どうやって」作るのか、の違いです。当然両方学ぶのがいいのですが、大学によってどちらを重視するか異なってきます。

福岡大学は「化学システム工学科」で、化学工学に比重を置いている学科です。どうやって作るかを学ぶためには、化学の知識はもちろんのこと、物理(液体の流れ方、気体の広がり方、熱の伝わり方など)の知識も必要となります。これにより、化学プラントの設計や運用ができるようになります。

コメント(0)
最終更新日時:2019年06月28日 20時03分
カレンダー
<<11月   12月   1月>>
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
携帯からのアクセスはこちら