マウンテンフェロー

■カテゴリ:アウトドア - 登山

■主な活動場所:登山  
 春秋冬:首都圏近郊の山 
 夏  :日本アルプス、東北の山

定例会
 月一回 : 文京区内施設

一緒に山に行く仲間を募集しています。
"マウンテンフェロー"という名前には山の仲間を大切にしたいという気持ちを込めました。

あなたもぜひ一緒に山に行きませんか?

これまでの山行の様子をこのページの下のブログに載せてあります。ぜひそちらもご覧ください!

ご興味のある方は、毎月行っている定例会にお越しください。サークルと体験登山について、説明させていただきます。

以下のHP(スポーツやろうよ)に定例会日時や今後の山行予定等、詳しく掲載しています。申し込みもスポーツやろうよから受け付けています。
http://www.net-menber.com/look/data/68125.html

半月山

2019年07月07日
■日程 2019年7月06日(土)
■集合 東武日光駅改札 AM 9:20
■行程 東武日光駅(バス)→明智平(ロープウェイ)→茶ノ木平→中禅寺湖展望台→半月山展望台→半月峠→狸窪→中禅寺湖温泉(バス)
■コースタイム 5時間
■登山レベル 初中級

梅雨真っ只中で都内では毎日雨が続いていましたが、当日の日光近辺はラッキーなことに登山に十分耐えられる天候です。ありがたいことです。

時刻どおりに東武日光駅に全員集合。
フリーパスを購入後、バスで明智平まで移動し、ロープウェイで展望台まで一気にあがります。

展望台からは男体山、中禅寺湖そして華厳の滝が一望のもとに。
消費カロリーゼロでこの眺望はありがたいですね。
写真撮影をしつつ登山の準備を済ませます。

ロープウェイ駅から登山スタート。
登山客は見かけません。
笹が茂った静かな山道を登っていきます。
ほどなく稜線に到達、あとはハイキング気分で茶の木平を目指していきます。
夏の割に気温は低めでひんやりしており、蒸してもおらず登りを終えた身体には快適です。

笹の生い茂る茶の木平を抜けて男体山が見える開けたスポットで小休憩。ここからの眺めもよし。



そこから散策路を歩いて一度下って車道を横切り、次の目的地である狸山へ向かいます。
タヌキじゃなくてムジナと読むそうな。
どうりで徐々にガスに包まれてきました。もうムジナ感が半端ないです。

狸山山頂はもともと眺望がないので軽くスルーし、中禅寺湖が展望できる(はずの)広い駐車場にやってきました。
都合よく四人がけのテーブルがあったので楽しく昼食を取ります。
ムジナのせいで当然ガスの中です。

さて、予定では半月山頂を経由して半月山展望台に向かうルートでしたがショートカットして車道を歩き、半月山駐車場から半月山展望台に直接向かうこととします。
この天気ですので車はまばらで道は貸し切り状態です。

半月山駐車場も濃いめのガス。
ムジナのイタズラで、本来あるべきはずの施設が撤去されており困ってしまいましたがチームプレーで切り抜けます。



気分を取り直して展望台へのアタック開始。
この時点では皆さん眺望は期待しておらず「眺望あったらミラクルかも」くらいに思っていました。

20分ほどで展望台に到着。
ミラクルは都合よく起きませんね…。

記念写真を済ませ雑談しながら表示されていた展望図からお山の形を想像していると、

なんと展望台に一筋の日光が差してきたではありませんか!

すると、あたり一面を覆っていたガスが消えていき、男体山をはじめとする日光の山々が姿を現します。
遠くには女峰山、白根山までも見渡せ、一同感激。

同時に中禅寺湖方面のガスも抜けていき、八丁出島と男体山のコラボショットまで目にすることができました。
まさしくミラクル発生ですな。



思いがけない僥倖に感謝しつつ、一同満足して展望台をあとにします。
半月峠を経由して途中野鳥を眺めつつ狸窪まで下山し、登山は終了。
ムジナも八丁出島に退散したようです。

そこから中禅寺湖温泉を目指して湖畔を歩きましたが、途中には各国大使館の別荘が並んでおりいい雰囲気を出してます。

その後温泉で汗を流してからバスに乗り込み、日光駅近くで夕食を取ってから帰路につきました。

企画頂いたT代表(本日誕生日)、ご一緒させて頂いたNさん(次回もマンガを希望)、Oさん(入会手続き宜しく~)、素敵なミステリーツアーをありがとうございました!

コメント(2)
最終更新日時:2019年07月08日 00時07分
カレンダー
<<9月   10月   11月>>
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
携帯からのアクセスはこちら