Art倶楽部(東京美術館めぐり)

■カテゴリ:芸術 - 美術

■主な活動場所:東京国立博物館、東京都美術館、国立西洋美術館、国立新美術館、東京国立近代美術館、山種美術館、根津美術館、東京都写真美術館、東京都庭園美術館、サントリー美術館、三菱一号館美術館、東京都現代美術館、江戸東京博物館など

メンバー登録する
2009年3月から運営している美術を鑑賞する社会人サークルです。
主に東京都内の美術館で、鑑賞会を開催しています。

ARTと触れ合うことを目的に、ジャンルを問わず気取らずやっています。
月1回(基本的には、毎月、最終日曜日)の定期的な美術館めぐりを開催しています。
ほか、単発で散策や落語、歌舞伎鑑賞等も行っています。
ARTとの関わりも人それぞれなので、知識とかそういうものではなく、一緒に楽しめる仲間と気楽なグループを目指しています。
参加者は随時、募集していますので気楽にご参加ください。

参加にかかる費用は、下記になります。
・展覧会のチケット代(各自で事前にご用意ください)
・鑑賞後のお茶会費(カフェ等での飲食代の実費)

当日の流れは、集合(14:00)~自由鑑賞~再集合~お茶(16:00~17:00)、解散となります。
鑑賞会後にお茶会をしています。
ある程度の参加人数が分かれば、お店を予約したいと思っていますので、キャンセル等のご連絡は前日までにいただけますようお願いいたします。

「ご近所さんを探せ」でサークルの立上げから10年にわたって活動してきましたが、「ご近所さんを探せ」が2018年9月で閉鎖となることから、代替サイトとして作成しました。
Facebookでも同じグループを管理していますが、Facebookのように名前が表示されるのがちょっと、という方が利用できればと思っています。

管理者の普段は、こんな感じです
https://jinzi-kuwa.blogspot.jp/
展覧会情報
https://rakugentyou.blogspot.jp/?m=1

定例鑑賞会 奇想の系譜@東京都美術館

2019年04月01日
■日時:3/31(日)14:00~17:00
■場所:東京都美術館

鑑賞会にご一緒いただいた皆さん、ありがとうございました。
先月の新・北斎展でかなり混雑を味わったので、今回も混んでいるかと思っていましたが、そこまで混雑もしておらず、良かったです。
2回転して、いろいろと見て回ることが出来ました。

長沢芦雪・狩野山雪は、ほとんど目にしたことがない画家だったので新鮮でした。
今回、印象に残ったのは鈴木其一の「朴に尾長鳥図」です。
パッとみ西洋画にも見える構図で、独特な上品な雰囲気が気に入りました。
来月は、ギュスターヴ・モロー展になります。
よろしくお願いいたします。

コメント(0)
最終更新日時:2019年04月01日 21時33分
カレンダー
<<8月   9月   10月>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
携帯からのアクセスはこちら