主な活動場所
神奈川県の登山サークルです。
ホームグラウンド:丹沢です。
行きたい山:近県多数(1,500m以上限定/日帰り中心)
目標:秋だ!紅葉だ!山だ!アルプスだ!山小屋泊だ!
   (初アルプス、初山小屋泊実施済)
 倉見山
2021-09-11
都留市二十一秀峰である倉見山
1,256mにチャレンジ!


8月中旬に予定していた白馬岳
山小屋泊が暴風雨で流れ、準備
を怠らず胸躍らせた期間も
長かったせいか、その後は全く
やる気も起きず、しかも9月頭
の富士山単独登頂(なんかカッコ
いい響き)まで仕事でやむなく
キャンセルすることに・・・。

極めるはずの「登山道」が自分
の想いに反し揺らぎ始めた8月が
終わり、鈍った身体、弛んだお腹
に相談し、せめて初雪観測された
富士山の近くまでと向かった
倉見山。

JRで大月駅から富士急東桂駅
下車、小雨が降り出す。
途中、車道を抜け倉見山登山口
へ。この頃から雨が本降り。
昨日の予報は晴れだったじゃん
と内心イライラしながら、大月
駅前デイリーストアで購入した
雨合羽を着用。
1,256mだし楽勝だと思って
スタートするもなかなかの急登
じゃないですか(-_-;)
激しい登りと雨合羽の蒸れで
う~ん身体ベチョベチョです。

しかし、お天道さまは見ていました。
やる気を失いながらも果敢に雨合羽
着て登る私に感動したのでしょう。
鉄塔過ぎた辺りから晴れてきました。
そして山頂でお昼ご飯をいただく頃
には暖かいこと。ビチョビチョの
シャツ類が乾く乾く(笑)
ただ、富士山は行かなかったせいか
終始不機嫌で少しだけしか姿を見せ
てくれませんでした(仕事忙しくて
ごめんちゃい)。

帰りは堂尾山公園、富士見台経由で
富士急寿駅へ。富士山、相当私に
怒っているみたいで一度も姿を見せ
てくれずでした泣

この日、出会った登山客は1組だけ。
キノコの種類がとても豊富でした。
倉見山山頂から下りルートはやたら
とイノシシの形跡が残っています。
出合いはしませんでしたが。
登山口にはクマ出没注意の看板も
ありました。
念のため単独で行くより、複数名で
登山した方が良いのかも知れません。

おかげさまで、また「登山道」を
極めてみたくなりました。
ありがとう、倉見山!
しかし、富士山・・・( ;∀;)