子供達に残せる新しい価値観を創造しあう「地球創生SNS」 

■カテゴリ:福祉・ボランティア - ボランティア

■主な活動場所:自分では出会えない人たちとの出会いの場が「地球創生SNS」であり、地域の繋がりと全世界の繋がりを繋ぐことが、地球創生SNSの目的です。

自分が住む土地の人や神・先祖を愛する”行動”ができる人たちが日本全体で繋がれば、世界の雛形日本と世界は守れます。

まだ、全県の人が地球創生SNSに参加していません。私はあなたを待っています!

メンバー登録する
”地球創生SNS”は、地球を愛する世界の仲間たちが顔写真と本名を公開し、お互いの経験(人材)や価値ある情報共有し、将来的に資産(預金や不動産)の一部を共有し合うことで、子供たちに残せる「共有資産」の現実化を目指しています。

⭕️<未来を創造する志>
1、個の尊厳を保ちながら、互いを支え合う活動を創造します。
2、命を育む全ての存在に感謝し、子々孫々受け継ぐべき叡智を育みます。
3、人類進化を目的とし、集合意識に働きかける活動を行います。
4、愛と感謝を理念とし、未来を歓びにする人たちの和を創ります。

⭕️ルールはひとつ、「一切、他人を非難しないこと。陰口禁止」

⭕️1年間の年会費 22,000円+税 の有料サイト

<会員特典1>地球創生SNS会員は誰でもアカシックレコード・リーディング17万円を半額で受講出来ます
https://ticket.tsuku2.jp/eventsDetail.php?ecd=11826942601052

<会員特典2>会員登録時に、ツクツクポイント10,000円分が付きますので、セッションや商品購入に割引利用できます。

<会員特典3>地球創生が管理する「新宿オアシスハウス」と「苫小牧オアシスハウス」の宿泊は、お一人5000円+税の特別価格で利用できます。
●新宿オアシスハウス https://earthtscu.jp/%e6%96%b0%e5%ae%bf%e3%82%aa%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9/
●苫小牧オアシスハウス
https://earthtscu.jp/2019/04/25/%e8%8b%ab%e5%b0%8f%e7%89%a7%e3%82%aa%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9/

◎年会費のお支払いは、「地球創生WEBSHOP」からお支払い下さい。
https://tsuku2.jp/events/eventsDetail.php?ecd=10036321941602

注)ご登録後、1週間以内に支払いを完了させて、笑顔の顔写真をアップロードして下さい。1週間後、登録不備があった場合は、登録を削除させて頂きます。なお、地球創生SNSに登録後は、いかなる場合でも返金は応じられません。

代表 天無神人(アマミカムイ)

速開都比売様の大祓祈り 2018年7月1日午前11時11分の祈り

2018年07月01日
いつの日か、いつの日かと待っておりましたぞ。

あなたたちが「その心」を持って、この地球を愛するものたちと同じく、生命の繋がりを思い出すのと同じく、自らとの繋がりを心の中で感じることができて、愛するものがたくさん増えることが、「私たちの願い」でございまする。

行く末万感、様々なことが起きようとも、自らの命を守るのは自らではなく、「多くの人や仲間たち」だということを心根から感じる人たちが増えることを願っておりまする。

人は一人では生きてはいけぬと申しまするが、「生類全て」が同じでございまする。

木も花も植物も、空を飛ぶ鳥も、海の中を泳ぐ魚たちも、草原を走り回る動物たちも、山の中を生き抜くあらゆる生物たちも、同じでございます。

誰一人、「一人では生きていけぬ」と知っているからこそ、必死に自らの身を守りながら、そして、「仲間を信じる」ことが大切なのでございまする。

仲間を信じることができぬのは命を守れぬことと同じ、「命を守れる」とは、本来の命を守りあう仲間が誰かを知っているかが大切でございまする。

命を育み育てて下さった全ての母たち、そして、種を下さり様々な形でその家族を守ろうとして下さった父たちに、心から感謝をしながら、自らがまた新たな「生き抜く仲間」を見つけることができぬのなら、あなたは生涯、天涯孤独でございましょう。

この世において大切なことは・・・



人の繋がりを思い出すこと。


生類全てとの繋がりを思い出すこと。


地球との繋がりを思い出すこと。


そして、宇宙との繋がりを思い出すことでございます。

この「四つの段階」を順番に経なければ、命を守ることなどできませぬ。



ただ宇宙に見守られている。
ただ自然界に見守られている。
ただ人に見守られている。
ただ私は生きている。


そのような視点では生きてはいけませぬぞ、これからは。

あなたたち人間に命を与えたことがどれほど愚かなことなのか、また、尊いことなのかは、これからの人類の発展、そして、進化によってその決断が下されまする。

天変地異など怖くはないと嘯く(うそぶく)人たちは、自らの大切な家族を天変地異で失い、気づかされることでございましょう。

自らの命を守って下さる全ての繋がりに感謝できぬならば、存在することすら誰もできませぬ。

そうそれは、「私たち」との繋がりも同じでございましょう。



見えぬものを信じぬとか、信じられぬとか言っている場合ではなく、思いもよらぬところで見守られていることを気づくときが来ることでしょう。

それさえも気づかぬのならば、己の心の中に邪悪な悪魔がおり、それは餓鬼(がき)となって、己を蝕む(むしばむ)がごとく、人を蝕む心だと諭しなさい、悟りなさい。

餓鬼は、我の中に住む「鬼」でございまする。

「鬼」が何を考えているか、何を望んでいるかを「知ってあげる」ことが、あなたの役目ではないでしょうか。

「繋がり」を思い出すことは、もうスイッチが入りましたので、あなたの目の前にいる人や家族や会社やお友達全てが、あなたの「ソウル(魂)グループ」であるということを気づけば、敵も味方も繋がっておりまするよ。

全ては、あなたにとっての敵か味方、他の人には関係ありません。

だからこそ、もっと大きな視点でこの世を見、考え、話す言葉に気をつけなさい。



あなたがどれほど苦しんで努力してきた人であったとしても、あなたがどれほど哀れんで豊かな日々を送ったとしても、あなたの心の中に「餓鬼」がいる限り、天の晴れ晴れなる姿など、見れることはありません。

この世は地獄か天国かと問われた時に「はい、天国でございます」と答えられる人こそが、「この世を未来に導く人」でございまする。

妬み(ねたみ)、やっかみ、嫉妬(しっと)、哀れな心の表れではありまするが、その心が「餓鬼」を生み、餓鬼がまた餓鬼を生み出しまする。

「餓鬼」は餓鬼を持つ人を呼び寄せ、互いを傷つけあうものでございまする。

しかしながら、「餓鬼を愛に変えられた人」は、「信じること」と「感謝すること」しか、学びません。

それ以外は、どうでも良いことなのです。

この世で生きるということは、餓鬼である我の愚かさを知り、足らぬところを仲間より学びながら、社会に出て喜ばれる人となることを、一人の人を支えることを、一人の人に支えられることを、喜びとして生きることなのでございまする。



生きる上で殺生、無謀なことも、山ほど起きまするが、それもこれも、あなたの「心の餓鬼」が生んだ結果でございまする。

「私めたち」は、誰も人を、人間を傷つけようなどとは思ってはおりません。

ただ、「気づいて欲しい」だけなのでございまする。

行く末万感、輝きある心の人の周りには、多くの希望と喜びを持つ人が集まりながら、共に命を育む仲間として、貧富の差を越え、疎まれる思いを越え、蔑む心を捨て、「あらゆるものに感謝する心」で、生きていくことでございましょう。


これより2018年7月1日の始まりとなりますがゆえに、この地における喜びを表現するかは、全て「あなた次第」であるとお伝えしておきます。



この世における喜びを示し奉り給えと我申しまする!!!


「美しの世」をつくるのは!

「人の心」であり、「思い」であり!

「蔑みの心から溢るる感謝の心」となりにけり!

行く末に待つ運気の果てなる場所には!

「新たなるあなた」がおりまする!

生まれ始めて今日までの!

日々、全てに感謝をし!


「心の奥底から願う喜び」を自らが示しなさいと伝えおく!!!


海越え、山超え、果てしなき!

風の住む地より湧き出ずる!

火の神の知恵を持ちながら!

水の生気を生かし給えと我もうします!!!


「心根豊かな女たち」こそが、これよりの「日本と地球を未来に導くもの」なり!!!

「これより先を導くもの」は、「心豊か」でありながらも「男を生かす女」であれと我申します!!!

コメント(0)
最終更新日時:2018年12月19日 10時35分
カレンダー
<<4月   5月   6月>>
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
携帯からのアクセスはこちら