子供達に残せる人材と資産共有を創造しあう「地球創生SNS」 

■カテゴリ:福祉・ボランティア - ボランティア

■主な活動場所:オフライン(現実世界)では、天無神人(アマミカムイ)は20年間、日本全国の地球を愛する全ての人たちと行動を共にし、オンラインでは世界中の人たちへ向けて重要な情報を公開しています。

地球を愛する人たちが、住む地域で出会えない素敵な人たちと情報交換し、支えあえる場所が、「地球創生SNS」なのです。

メンバー登録する
”地球創生SNS”は、地球を愛する世界の仲間たちが顔写真と本名を公開し、お互いの経験(人材)や価値ある情報に加え、個人資産(預金や不動産)の一部を共有し合うことで、子供たちに残せる「共有資産」を現実化します。

⭕️<未来を創造する志>
1、個の尊厳を保ちながら、互いを支え合う活動を創造します。
2、命を育む全ての存在に感謝し、子々孫々受け継ぐべき叡智を育みます。
3、人類進化を目的とし、集合意識に働きかける活動を行います。
4、愛と感謝を理念とし、未来を歓びにする人たちの和を創ります。

⭕️ルールはひとつ、「一切、他人を非難しないこと。

⭕️1年間の年会費 22,000円+税 の有料サイト

<会員特典1>地球創生SNS会員は誰でもアカシックレコード・リーディング17万円を半額で受講出来ます
https://tsuku2.jp/events/eventsDetail.php?ecd=11826942601052&pv=1

<会員特典2>会員登録時に、ツクツクポイント10,000円分が付きますので、セッションや商品購入に割引利用できます。

<会員特典3>地球創生が管理する「新宿オアシスハウス」と「苫小牧オアシスハウス」の宿泊は、お一人5000円+税の特別価格で利用できます。
●新宿オアシスハウス http://www.oasishouse.site/
●苫小牧オアシスハウス 

◎年会費のお支払いは、「地球創生WEBSHOP」からお支払い下さい。
https://tsuku2.jp/events/eventsDetail.php?ecd=10036321941602

注)ご登録後、1週間以内に支払いを完了させて、笑顔の顔写真をアップロードして下さい。1週間後、登録不備があった場合は、登録を削除させて頂きます。なお、地球創生SNSに登録後は、いかなる場合でも返金は応じられません。

代表 天無神人(アマミカムイ)

先祖祈り

2019年07月25日
先日、吉岡さんと和子さんと共に、金丸家の先祖祈りをさせて頂きました。
雨の中、わざわざ三重まで足を運んでくださり、雨で足下がぐでくでなのに、草むしりまでして頂き、お二人にはありがとうございます
♥️ありがとうございます♥️ありがとうございます♥️しかございません…m(_ _)m

個人ごとではありますが、ご先祖様から頂いたお言葉を共有できればと思い投稿させて頂きます。

★金丸家代々の墓にて
(一部抜粋)
※金丸家先祖100代に渡る思いを吉岡さんに元鞘に納めていただだいた祈りの後の言葉です。

一族においてはいろんなことがありましたが、たくさんの者たちの力を借り、またその力を振るっていたことは事実でございます。

権力もあり知恵もありお金もあったからこそ、様々なことをして参りました。
それは、特に大名たちにその力を発揮し、またその力の繋がりを作ることも知恵もあり
まぁ小狡いと言われたこともありますが、知恵の働く者たちの集団だったからこそ、たくさんの者たちの繋がりを作ったりまた戦略をとったり、様々なことをやりました。

しかしながらそれが勝家になればよかったのですが、敗家になった時には、負けた時にはその全てが公になり、裏切り者としてなってしまうこともよくありました。

だからこそ、この金丸家の一族については縦の表の看板と共に、横のその隠し持つ力というものを守り継がなければいけませぬが、その知恵をどう使ったら良いかということはうまく伝わらず、ただ位と見栄だけが残ってしまったことろがございます。

しかしながら、先ほど見せたこの刀と同じように、この刀こそが、白鞘のこの刀こそが
我々の知恵、そして、決して自ら人を刺すことをせず、命を守るべきにその知恵を使うという誓いの剣であるからこそ、どうぞ、それをこの娘に持たせてあげて下さいませ。

そして、この刀を知恵を持つことで、この一族、そして、弟夫婦たち、そして、お父さんも含めこの知恵をどう使うか、それは喜びに使うとなればその一族も知恵を貸しましょう。

その知恵を刀を持つことがこの一族の大事なものであり、我々が守り伝えたかったものであるからこそ、このことを受け取りに来るものが来ることを待っておりました。

そして、ここにある一つの房、この房に入っているものは数珠のように見えますが
これは石。

そう水晶もありますが、実際はたくさんの石であります。
いろいろな石、川の石、様々な石がございますが、この石のかけらを使って、様々な霊力そして神々を使うことの知恵もございました。

この知恵も授けましょう。

この袋に入っているこの知恵、この石をうまく合わせることによって様々な人の思いや力を動かすことができるほどの知恵でございます。

金丸家は、この力を持って様々なことを成し得ていたからこそ、この紫の袋のこの物に入っている石こそ、様々な者の神、神仏の思いの知恵であり、その意思がそこに入っていることを組み合わせて使う、そのもっとも高き知恵のある者たちであったことをわかって欲しいと思います。

それからこれから伝わること、またこれから繋がっていくこと、この全てはこの国を守り、また民・百姓を守り、この一族一縁だけではなく、共に仲良く暮らすための知恵であるからこそ、そのことを発揮する場があるならば自らもその役目を果たして欲しいと心から願います。

我が一族において、我が一族だけのことを考える者はおらず。

全ての者たちはこの国をどうするか、この繋がりをどうするか、戦いなく平安になるため何を成せば良いかということを常に話し合ったことほど知恵のある者たちだったからこそ、今はこうしてこの場所に置かれておりまするが、守ってくださる一族の思いは同じであり、それが守り伝えるこの先祖の思いであるからこそ、どうか、その心を縦だけではなく、縦横真一文字に結んで心を一つにして合わせることこそがこれからの世を導くことであり、また高き志のある者たちの役目となるならば、その思いをどうか大切にお守りくださいませ。

ここにあるお饅頭を差し上げましょう。
白の3個のお饅頭、これはあなたたち一人一つあげましょう。

これはあなたたちの心、そして思い、私たちからのお礼でございます。

この饅頭は、命をつなぐことができます。
命と魂をつなぐことは同じでございますので、粉からここにするまでの思い、餡ができるまでの思いを自分の中に一つ込め、またその餡を誰かに作ってあげられる心になって下さればと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

そして、ここにある台。
この台は、この一族が正式に祈りをする時に祀ったものですので、その形に近きものがもし現実にあるならば素晴らしきことだと思います。

この台に蝋燭を立て、暗闇の中、そして、光の中、そこで自らの意思を立てることこそが、もっとも大切な祈りでございました。

目の前に、神仏はございません。
全ては自分の明道(みょうどう)

暗闇に光を灯すが如く、自らの意思を奉ることができることが、この金丸家の本来の力。

その力を一生懸命、影で支えたのが女性たちだからこそ、そのことをわかってくださればと思います。

今日は、本当にありがとうございます。私たち一族
も今日は少しばかりの宴会を開かせて頂きます。

感謝、一縁の皆々のお礼でございます。この喜びの涙とともに我々と共に喜んで下されば幸いでございます。どうもありがとうございます。
(以上)

(状況説明)
祈りの前後はかなりの大雨🌧️で、金丸家100代に及ぶ盛大な感謝の涙!!あの大粒の涙雨には参りました…

吉岡さんが来てくれたからこそ、ご先祖さまの想いを知ることができ、喜ばすことが出来たと思います。ありがとうございます。
そして、伊勢国総社の三宅神社に参拝👏和子さんが近くにあると気付いてくれたおかげです✨神社での内容も共有させていただければと思います。


★伊勢国総社 三宅神社
美しの世は幾千万年続こうとも、人の心で苛まれ、人の心で育まれ、大きな志とともに育み合うものならばこそ、思いひとしお五穀の光の米粒と同じく、共に育み合わなければ米粒一粒さえも育ちません。

葉や茎を見るのではなく、大地につながる御心として命の水。
田畑につながる様々な先祖の思いを心を馳せて食することこそ、食事の意味なり。

そのことをまた多くの方に伝えて欲しく思いまする。
五穀豊穣を願うならばこそ、人の心の五穀豊穣を願うものこそ我らの願い。
共に、この国と発展とともに、清やかなる魂が育ち育まれんことを共に願いいたします。
どうぞよろしくお願い申し上げまする
ありがとうございます<

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(以上)

(解説)
自分が想っていたよりも、ずっとずっと志の高かったご先祖さまたち。その想いを知ることができて嬉しさと共に多くの気付きと学びを頂いたことに感謝しております。
家族だけでなく、皆さまにこの想いを繋げることができるよう生きていきます。

長くなりましたが、ここに迎えてくれた皆さま、出愛と経験と気付きと学びと…全てにありがとうございます♥️

コメント(5)
最終更新日時:2019年07月25日 18時49分
カレンダー
<<7月   8月   9月>>
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5


  • アルバム
携帯からのアクセスはこちら