子供達に残せる人材と資産共有を創造しあう「地球創生SNS」 

■カテゴリ:福祉・ボランティア - ボランティア

■主な活動場所:オフライン(現実世界)では、天無神人(アマミカムイ)は20年間、日本全国の地球を愛する全ての人たちと行動を共にし、オンラインでは世界中の人たちへ向けて重要な情報を公開しています。

地球を愛する人たちが、住む地域で出会えない素敵な人たちと情報交換し、支えあえる場所が、「地球創生SNS」なのです。

メンバー登録する
”地球創生SNS”は、地球を愛する世界の仲間たちが顔写真と本名を公開し、お互いの経験(人材)や価値ある情報に加え、個人資産(預金や不動産)の一部を共有し合うことで、子供たちに残せる「共有資産」を現実化します。

⭕️<未来を創造する志>
1、個の尊厳を保ちながら、互いを支え合う活動を創造します。
2、命を育む全ての存在に感謝し、子々孫々受け継ぐべき叡智を育みます。
3、人類進化を目的とし、集合意識に働きかける活動を行います。
4、愛と感謝を理念とし、未来を歓びにする人たちの和を創ります。

⭕️ルールはひとつ、「一切、他人を非難しないこと。

⭕️1年間の年会費 22,000円+税 の有料サイト

<会員特典1>地球創生SNS会員は誰でもアカシックレコード・リーディング17万円を半額で受講出来ます
https://tsuku2.jp/events/eventsDetail.php?ecd=11826942601052&pv=1

<会員特典2>会員登録時に、ツクツクポイント10,000円分が付きますので、セッションや商品購入に割引利用できます。

<会員特典3>地球創生が管理する「新宿オアシスハウス」と「苫小牧オアシスハウス」の宿泊は、お一人5000円+税の特別価格で利用できます。
●新宿オアシスハウス http://www.oasishouse.site/
●苫小牧オアシスハウス 

◎年会費のお支払いは、「地球創生WEBSHOP」からお支払い下さい。
https://tsuku2.jp/events/eventsDetail.php?ecd=10036321941602

注)ご登録後、1週間以内に支払いを完了させて、笑顔の顔写真をアップロードして下さい。1週間後、登録不備があった場合は、登録を削除させて頂きます。なお、地球創生SNSに登録後は、いかなる場合でも返金は応じられません。

代表 天無神人(アマミカムイ)

「ラジオdeハピネス」8月の放送がアップされました!

2019年08月15日
8月11日放送
「天無 神人(アマミカムイ)さんによる、お盆の過ごし方と、ご先祖の霊への接し方」
http://ra-ha.jp/archive19/0811amami.html


日本各地で『お盆』の風習は異なりますが、最近は、お盆やお墓参りなどをまったく行わないご家庭も増えてきています。
まったく行わないことについて気にしている方に、どうしたらよいかを天無先生が教えてくださいました。

『お墓参り』以前に、父方、あるいは母方のお墓がどこにあるかわからないという方もおられるでしょう。

中には、兄弟同士や親族同士がもめていて、個人的には『お墓参り』に行きたいけれど、他の家族が怒るというご事情の方や、単に伝統的な行事に無頓着なご家庭もあります。
理由はそれぞれです。

『お盆』の風習も、先祖代々しっかりと受け継いでいるご家庭は、形式的に覚えていることですが、そうでないご家庭の方は、ご先祖にお礼をしたい、想いをお伝えしたいと思っても、どこから何をすればよいのかわからないという方もいらっしゃるかもしれません。

仏教でいえば宗派が色々あるため、親が改宗したり、結婚して宗教が変わったりすることもあります。
都会のマンションに引っ越して田舎の仏壇を引き払い、以前のお寺さんに行かなくなってしまったという方もいらっしゃいます。
そうすると、どうやってご先祖に接したらいいのでしょうか?

日本人の感覚として、ご先祖の霊への接し方はお寺さんに聞くというのが普通です。
そこからずれたらどうしたらいいのでしょうか?

しかし、お寺もお仏壇も無くても、どなたでも簡単にできる、ご先祖や亡くなったお子さんの霊を供養する方法があると天無神人先生はおっしゃいます。

全法要、全宗教に共通するもの、それは『方角』です。
そして、『方角』の中でも、御霊を祀ることができる方角は、ズバリ『西』なのだそうです。

太陽は東から登り、『西』に沈みます。
命も、『西』に収まるのだそうです。
夜の闇も、東から西へ。
凡ての命もそうなのです。
『方角』が分かっても、実際に、お祀りするためにどんな物を用意すればいいかとお考えになるかもしれません。
天無先生は、『水』だけで十分だとおっしゃいます。

水道水でもいいのです。
一杯の『水』を西に向かって捧げてください。
水には感謝する思いが伝わりやすいそうです。
水子の霊も、水に向かって拝むと心が鎮まります。
そして、こうした想いを最も伝えやすいのが西の方角なのです。

世界の歴史や日本の天皇学でも、西は『治まるもの』の親分なのだそうです。
希望は東に、悲しみ苦しみは西に……。
宗教も民族も何もかも超えて、地球に生まれた人類にこれは共通の場所だということです。

今後、お寺や神社はこれから半分以下に減ってしまう可能性があります。
物は朽ちていくことが宿命ですが、ご先祖に感謝する気持ちは朽ちません。
心があればいいのです。
『西』に向かう、そこだけ守って想いを込めてください。

さて、お盆休みの帰省ラッシュもこれからです。
新暦の8月13日から16日が、一般的な『お盆』です。

天無神人先生曰く、この時期は本当に一斉に、ご先祖の御霊が降りて来るそうです。
この時期、先生の身体は重くなるそうです。
ご先祖様が、必ず戻ってくる時期、『お盆』
でも、仕事や色々な事情で、お墓に行くことができない方も多いでしょう。
もしもお墓に行けなくても、『西』へ向かって拝んでください。
「去年まではお墓に行けたけど、ごめんね。今年はここだよ」と、心静かにお祈りすれば、ご先祖は、拝んでいるその場所に降りるのだそうです。

想っていると、御霊はスッとそこに立つのです。
たとえ見えなくても、そこにおられるのだと天無先生はおっしゃいます。
「ありがとう」「ごめんね」と、自分の想いをご先祖にちゃんと伝えてください。
これを聴かれている今年は、ギリギリ間に合います。
『西に向かってお水を一杯供えて、気持ちを伝える』
やるとやらないとでは気持ちが全然違います。
これをきちんと行うと、なんと現実も変わるそうです。
これがご先祖の力。 その力をお借りしてご先祖さまとご自分を祝福してください。

詳しくはぜひ動画でご覧くださいませ。

コメント(0)
最終更新日時:2019年08月16日 06時46分
カレンダー
<<9月   10月   11月>>
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
携帯からのアクセスはこちら