子供達に残せる人材と資産共有を創造しあう「地球創生SNS」 

■カテゴリ:福祉・ボランティア - ボランティア

■主な活動場所:オフライン(現実世界)では、天無神人(アマミカムイ)は20年間、日本全国の地球を愛する全ての人たちと行動を共にし、オンラインでは世界中の人たちへ向けて重要な情報を公開しています。

地球を愛する人たちが、住む地域で出会えない素敵な人たちと情報交換し、支えあえる場所が、「地球創生SNS」なのです。

メンバー登録する
”地球創生SNS”は、地球を愛する世界の仲間たちが顔写真と本名を公開し、お互いの経験(人材)や価値ある情報に加え、個人資産(預金や不動産)の一部を共有し合うことで、子供たちに残せる「共有資産」を現実化します。

⭕️<未来を創造する志>
1、個の尊厳を保ちながら、互いを支え合う活動を創造します。
2、命を育む全ての存在に感謝し、子々孫々受け継ぐべき叡智を育みます。
3、人類進化を目的とし、集合意識に働きかける活動を行います。
4、愛と感謝を理念とし、未来を歓びにする人たちの和を創ります。

⭕️ルールはひとつ、「一切、他人を非難しないこと。

⭕️1年間の年会費 22,000円+税 の有料サイト

<会員特典1>地球創生SNS会員は誰でもアカシックレコード・リーディング17万円を半額で受講出来ます
https://tsuku2.jp/events/eventsDetail.php?ecd=11826942601052&pv=1

<会員特典2>会員登録時に、ツクツクポイント10,000円分が付きますので、セッションや商品購入に割引利用できます。

<会員特典3>地球創生が管理する「新宿オアシスハウス」と「苫小牧オアシスハウス」の宿泊は、お一人5000円+税の特別価格で利用できます。
●新宿オアシスハウス http://www.oasishouse.site/
●苫小牧オアシスハウス 

◎年会費のお支払いは、「地球創生WEBSHOP」からお支払い下さい。
https://tsuku2.jp/events/eventsDetail.php?ecd=10036321941602

注)ご登録後、1週間以内に支払いを完了させて、笑顔の顔写真をアップロードして下さい。1週間後、登録不備があった場合は、登録を削除させて頂きます。なお、地球創生SNSに登録後は、いかなる場合でも返金は応じられません。

代表 天無神人(アマミカムイ)

速開都比売様の大祓祈り 2020年6月1日午前11時11分の祈り

2020年06月01日
幾ばくかの神が舞い降りておりまするが、その思いを感じている方々がどれほどいるでしょうか。

私たちがこの地球を愛し愛おしむ心を感じている方は、どれほどいるでしょうか。

優しきかな、麗しきかな、憂いかな。

哀しみにもくれるこの星の行く末を重んじ、幾ばくかの心がある方がいらっしゃるならば、この時間に心を合わせるすべての方々のために、この言葉をお伝えいたします。

やがて来る年月の末に、この星に命が途絶えることがあること願うものなどいないはずでございます。

あなたたち人間がその火種を消さない限り、やがてこの星には一切の命が生まれなくなる可能性がございまする。

これまでにも多くの星に転生した魂たちの眠った記憶の中にも、同じような体験をしている者がいるはずですが、まだ思い出せませんか?

やがて来るこの星のわずかな希望を叶える、この星に転生した金星の魂たちと、そして水星から転生してきた者たちの魂の働きが必要なのでございます。

水星から転生した魂たちの多くは、イルカやクジラやシャチに転生し、この星の最も大切な海の中の命を守る役目をしております。

わずかにその水星からの転生のタイミングに、人の意識につながった者たちがいるはずでございます。

イルカやクジラやシャチがとても気になり、この星の行く末を案ずる者たちがいるはずでございます。

この星の水を汚すことが、命の水を汚すことが、自らの魂の、そして記憶の水を汚すこと。

汚れ多き思いのままに、自らの肉体を汚すことと同じだと知っているはずなのに、なぜそのような命を生み出さぬものばかりを口にするのでしょうか。

命の循環がないもの、つまり合成で作られたものを口にすればするほど、自らの命の力は弱まり、必ずや意識も肉体も魂も汚れましょうぞ。

汚れを取り去るのもまた薬ならば、その薬で何ができるのでしょうか。

命を生み出さぬものを口にすればするほど、自らの命を破壊するが同じ。

この星の生命を、この循環を破壊することに繋がることまで気づかぬほど、愚かな部類になってしまいましたか。

まだこの星には、可能性がございます。

それは、生き延びようとする人間の思いより、生かし合おうとする人間の思いが多ければ、自然界やそれ以外の宇宙からも、必ずや新しき繋がりの生命エネルギーを繋いでくださるはずでございます。

自らだけが生き延びたいと思うのは、人間だけでございます。

その性分、心根を変えぬ限り、この星に命は続きません。

命が絶えることを考えたこともない者たちは、まずは自分の家族がことごとく死ぬことを、目の当たりにしてからわかるでしょうか。

家族とは命の繋がり以外に、自らの命を育み育てたすべての周りの方たち。

それが命を育む仲間と申します。

それは海の中、地上世界、空の世界でも同じように、生き延びるためにも互いを生かし合いながら殺生をし続け、この生々流転の仕組みの中に、自らが何のために存在しているかに気づかねば、人間ほど愚かな動物はおりません。

人に代わり、イヌ・ネコ・シカ・トラ・クマ、どのような動物でも支配の位置に持っていくことは可能です。

長くこの星でその主の役目を務めながら、殺生し奪い取ることしか考えぬ人間なら、やがて限りが来ると伝え申しておきます。

もしこの星に可能性がなきならば、誰もこの星を救おうとは思いません。

この星には限りなき鉱物の資産以外にも、無限なる可能性を持っているのに、まだその一部しか気づいておらぬ者たち、愚かさと幼稚さ、嘆き、悲しみませ。

なぜこの星にたくさんの鉱物を与えたか。

それは金星の知恵と同じ、鉱物によりて活かし合う、そして生まれるエネルギーの使い方を覚えること、そしてそのエネルギーは、この星の鉱物だけではないところまで繋がっていることを感じられるようになることを願って創っております。

この星の鉱物には、無限なる過去の記憶が眠っております。

失敗、苦しみ、悲しみも喜びも、可能性も科学の進化も、科学とも言えぬ宇宙エネルギーの使い方も、たくさんの記憶を地層の断層の中に記憶させております。

まだ人はそのエネルギーを読み込めず、ただ鉱物を利用するだけでございましょう。

鉱物にあるエネルギーを理解できるならば、それが同時に人間の肉体に影響することを気づくはずでございます。

ならば七割も多くの水を使い、多くの鉱物で創られた身体の波動とエネルギーの関係を、もう紐解かねば間に合いません。

物質ではないエネルギーの世界を読み込むこと、それを上手に循環させるように使うこと、その智恵が、新しき人間の目覚めのために伝えております。

なぜ祈りという習慣は太古からあるのか。

それは祈りで繋がる対象物からエネルギーのやり取りによりて、気づきや知恵や身体の変化やこの世界に起きることの予知までできるからでございます。

エネルギーの世界に時間の概念はありません。
ただ「ある」という世界、そしてあなたたちのように「ない」という世界にいることから、どこまでそれを気づけるかが、人間の気づきのテーマでございます。

あと3年の間にどれほど人間が進化し気づくかは、私たちにもわかりません。

そのために必要なことは、必要な存在たちが守護のラインを通してお伝えいたします。
あとは違いを認めながら、互いのラインを活かし合う、そう意識の違い、そのエネルギーの違いを活かし合うことでしか、新たなエネルギーの使い方など気づきません。

今ある物でさえあると思っている。

しかしながらいつかそれもなくなる。

自らも失う肉体を持っている意味もわからぬならば、なぜあなたたち人間に魂だけではなく、進化させるための創造力を与えたのか、まだわかりませぬか?

やがて来るこの星の天命を受け入れるのか、その天命さえも自らの意識と繋がりを持ちて、新しいエネルギーで修復し、増幅し、生まれ変わらせるのかは、あなたたち次第でございます。

やがて来る時代のためにお伝えしておきまする。

この年のこの月の意味を分からぬ者は、これから奈落の底に落ちるかもしれません。

それは、これまでの価値観すべてが一度崩壊すると伝えておきます。

信じたものの結果が過去ならば、その信じたことさえも失うかもしれません。

人、物、神仏、その意味さえ変わるかもしれません。

その決断の時が、今の月なのでございます。

星に向かうか 地に向かうか?
天我に向かうか 自我に向うか?

それぞれの本性、愚かさと尊さが明確に表れる時だからこそ、
この言葉を唱え終わります。

やがて来る星々のためにも
やがて来る子供たちのためにも
やがて来る時代のためにも
この時一時を 心の中から感謝で埋め尽くし
やがて来る星々のエネルギーを使い給いて
この世を喜びにいたしますこと誓いまして候


コメント(6)
最終更新日時:2020年06月02日 21時05分
カレンダー
<<6月   7月   8月>>
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
携帯からのアクセスはこちら