子供達に残せる新しい価値観を創造しあう「地球創生SNS」 

■カテゴリ:福祉・ボランティア - ボランティア

■主な活動場所:自分では出会えない人たちとの出会いの場が「地球創生SNS」であり、地域の繋がりと全世界の繋がりを繋ぐことが、地球創生SNSの目的です。

自分が住む土地の人や神・先祖を愛する”行動”ができる人たちが日本全体で繋がれば、世界の雛形日本と世界は守れます。

まだ、全県の人が地球創生SNSに参加していません。私はあなたを待っています!

メンバー登録する
”地球創生SNS”は、地球を愛する世界の仲間たちが顔写真と本名を公開し、お互いの経験(人材)や価値ある情報共有し、将来的に資産(預金や不動産)の一部を共有し合うことで、子供たちに残せる「共有資産」の現実化を目指しています。

⭕️<未来を創造する志>
1、個の尊厳を保ちながら、互いを支え合う活動を創造します。
2、命を育む全ての存在に感謝し、子々孫々受け継ぐべき叡智を育みます。
3、人類進化を目的とし、集合意識に働きかける活動を行います。
4、愛と感謝を理念とし、未来を歓びにする人たちの和を創ります。

⭕️ルールはひとつ、「一切、他人を非難しないこと。陰口禁止」

⭕️1年間の年会費 22,000円+税 の有料サイト

<会員特典1>地球創生SNS会員は誰でもアカシックレコード・リーディング17万円を半額で受講出来ます
https://ticket.tsuku2.jp/eventsDetail.php?ecd=11826942601052

<会員特典2>会員登録時に、ツクツクポイント10,000円分が付きますので、セッションや商品購入に割引利用できます。

<会員特典3>地球創生が管理する「新宿オアシスハウス」と「苫小牧オアシスハウス」の宿泊は、お一人5000円+税の特別価格で利用できます。
●新宿オアシスハウス https://earthtscu.jp/%e6%96%b0%e5%ae%bf%e3%82%aa%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9/
●苫小牧オアシスハウス
https://earthtscu.jp/2019/04/25/%e8%8b%ab%e5%b0%8f%e7%89%a7%e3%82%aa%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9/

◎年会費のお支払いは、「地球創生WEBSHOP」からお支払い下さい。
https://tsuku2.jp/events/eventsDetail.php?ecd=10036321941602

注)ご登録後、1週間以内に支払いを完了させて、笑顔の顔写真をアップロードして下さい。1週間後、登録不備があった場合は、登録を削除させて頂きます。なお、地球創生SNSに登録後は、いかなる場合でも返金は応じられません。

代表 天無神人(アマミカムイ)

伊良部 なべ底 コロナウイルスの対応について

2020年10月30日
2020.10.28

伊良部なべ底
神メッセージ

やがて暫くすれば
この世にも平和が来るが
そのコロナウイルスだけが
悪いわけではなく
人間の学びを取るわけには
いかぬが、

しかし
死に至ることに対する
恐怖が無くなれば
それほど人間は学ぶことはしないであろう。

だからこそ
死すべきものは死す。
しかし、死すべきもではない
ものに死は与えないということも汲み取ってほしい。

我々が意図して何かをしているというわけではなく、
これは全てが、人間が自然破壊をしたことへの結果であり
それをどう変えるのか?
変えていくのか?
自らが変わるのか?
そのことを気づかねば、
限りなく続くテーマであろう。

しかしながら
コロナウイルスだけではなく
これからいくつも
新型、新種のウイルスが
同じように強力になってくれば
人間がその免疫に対応する
能力の方が高いのか?
順応できずに、それを受け入れ死を迎えるのか?も
人間の大きな学びであり

あくまで自然界のひとつの
生き物、生物と言ってよいほど
の小さなミクロのものではあるが、それも人間にあるものと同じ同調する意識が
その同調する意識に対して
どう立ち向かうかは
それぞれの己の心次第と
言っておこう。

お前には
自然の神に繋がる力を
持っているからこそ伝えおくが
すべてを制することも
また、すべてを誘うことも
やってはいけない。

ただその意識にアクセスし
どう我々が導くか?気づくか?の
そのステップについては
教えてもよかろう。

しかしながら、決して
答えを教えてはならぬ。

ここまで人間がやってきたことを
簡単に許す許さないの問題ではなく、
自らの病気と
同じように地球自体をガンを
蝕む様態にしたのも、人間だからこそ、その学びをせねば変わらないと伝えおく。

優しきかなは
決して死が目的ではないという
ことである。

死すべきものは死す
生かされるべきものは
生かされると学んでおきたまえ。

そうでなければ、
いくら哀願されても
我々も力はかせぬ

それぞれの
それぞれの魂がどう感じ
どう学びとるか?
そしてどう希望を発するか?次第であると伝えおく。

どうかよろしく頼みます。

それも貴方の役目だからこそ
この龍使いの地、伊良部の神々、人、
その心からの願いも含め、お前がどう動くかをよく
考え、神の思いに近づく人が増えるよう導きをしなさい。

それが役目だと準ずれば
人の思いとかけ離れる時があるかもしれぬが、
必ずやそこに添わなければ、人自体が淘汰される。

だからこそ、早く気づいて欲しいと我々も願っておりまする。どうかよろしくお願いいたします。

ありがとうございます。

コメント(0)
最終更新日時:2020年11月06日 03時08分
カレンダー
<<12月   1月   2月>>
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
携帯からのアクセスはこちら