主な活動場所
愛媛県松山市の城北地区を中心に県内外
サッカーとフットサルを其々専属の指導者で!!
テーマに『自主・自立』、『最後まで諦めない』をモットーに、みんなで楽しむチームです。
 第1回えひめU18フットサル大会20181227
2019-01-10

2019年始まりました。

年末年始、いかがお過ごしだったでしょうか?
一家団欒?できました?
我が家は今冬新採用されたコタツに集い、テレビ鑑賞な年越しを過ごしました。(そのまま寝ちゃったけどね)
普段の光景はコタツに集ってはいても各々別のメディア鑑賞であります(時代ダァ)
この現象も一見違和感を感じますが、ひと昔前で例えるなら、父は新聞、母はテレビでドラマ、娘は小説、息子は漫画といったところでしょうか?
、、、時代が進んだだけでさして変わらないような?(笑)

「今時の若いもんは、、、」的な思いがよぎるお年頃になってきましたが、自分も思われる時期があったんだろうな(今もか?)と気付いて口をつぐむ次第であります。
でもだいぶ動けなくなってきたので、口うるさくいこうかな(笑)
時代は常に巡るのであります!亀田です。


年末の差し迫った27日(木・平日)
第1回えひめU18フットサル大会なるものが北条SC体育館にて開催。
U18年代にもフットサルを普及させるべく、愛媛県サッカー協会の主催大会として、全国まで繋がる選手権とは別に整備された公式戦。
初開催と日取りもあり(?)参加チームは6チーム
抽選にて3チームずつのリーグ戦、両1位の決勝という大会形式
Aグループ・新田高W、伊予農、とべSC
Bグループ・新田高R、松工フットサル、松山城北
今年度の愛媛県U18選手権優勝の新田高が2チームに分けての参戦

今回の松山城北は高校卒業間近の3年が2名、1年が2名、中3が1名、中2を4名という構成で参戦。せっかく来たし、決勝まで行って3試合して帰ろうと目標設定。世代を超えたチームの運命やいかに。

初戦の相手は松工フットサル
序盤、#2の変な軌道のミドル弾で幸先よく先制したものの、相手の速さや微妙な対応ミスからピンチの連続。何とか頼りないゴレイロを中心にしのいでいたものの(笑)あえなく失点。その後中学生コンビで追加点も、カウンター処理を完全ミスのポカで同点o(`ω´ )o試合動画前半
後半、チームメイトに慣れてきた高3#7が違いを魅せる。持ち前のテクニックと認知力・空間把握を武器に#2のゴラッソを演出。決めた方もすごかったけどね。
その後中2#5の文句なしゴラッソで2点差にし、少し勝ちが見えちゃったかな?不用意なパスミスからカウンターで失点。流れが完全に変わると、終盤に同点。イヤイヤせめて同点で終わらせてと思ってましたが、最終盤でブチ込まれ4vs5、あらまぁの逆転負け(>人<;)試合動画後半
リーグ初戦を負けスタートと難しい状況にしてしまいました。


2戦目の相手は松工フットサルに3点差で勝利した新田高R
先づは勝つのが最低条件。3チーム1勝1敗で並ぶ→3点差以上の勝利で得失点で上回りリーグ突破。とはいえフル高校生の速さと力強さは圧巻で、見通しとしては非常にきびしぃ〜!そしてうちのOB選手も相手としては邪魔!笑(褒め言葉よ)
さりとて対応策がないわけではないので、ポイントを整理していざっ!!
、、、思っていた通りの対応ができ、思ってたよりもうまくいって、、、
先行できたのが功を奏し、ピンチも身体張ってしのぎ、相手の焦りを逆手に追加点を重ね6vs2で試合終了♪( ´θ`)ナイスゲーム
これも、城北として育成が進んだ結果だと感じた試合。ワンワードの声かけで皆がプレーを理解できること。高3と中2の年の差って、小6と小2ですよ?笑
先輩の頼もしさに引っ張られ、緊張感ありながらも伸び伸びプレーできる後輩がいる不思議な試合もあとは決勝戦だけ。
《お詫び》この試合に勝つために集中しすぎて(言い訳)動画のポチを忘れました
しかしこの試合から愛媛CATVの撮影が入っており、そのうち愛媛スポーツchでの放送がありますよ。お楽しみに!


決勝戦!相手は新田高W
これまでの試合を見る限りこちらのチームのが僕にとって嫌な印象。
相手キックオフ直後の速攻に虚を衝かれ失点!コラッ(ㆀ˘・з・˘)
ここから相手はDFラインをハーフ以下に設定し硬守・速攻の戦法。
しかし中3以上の面子は全国まで経験する中でこの状況は経験済み
徐々に押し込みだすと、#2得意の右キックインセットプレーを決め同点
これで相手も攻めに出るかなとも思いましたが、戦法続行。
試合は攻めきるかカウンター食らわすかの神経戦の様相に
ハーフタイムで引いたDFをどう混乱させれば突破できるのかを授けぶっつけ本番!
後半早々にフリーキックのこぼれを押し込んで追加点!
しかし神経戦は継続。ぶっつけ本番プランにだいぶ慣れ、チャレンジが増えて崩しかけますが、あと一つのサプライズが足らない。さすがの高校生、最後のとこで守る!!
神経戦最大のチャンスは終盤間際。決まればトドメの瞬間。
ボールに2枚食いつく!この時を待っていたピッチ内の選手は理解できてたと思いますが、瞬間的な数的優位を突破にかかったところ、少しだけつつかれてしまいキーパーからのカウンター。最大の好機を逃したショックは一瞬の遅れを招き、その流れから失点。まさにチャンスの後にピンチあり。そのまま2vs2でタイムアップ。
レギュレーションにより勝敗はPK戦へ
PKだけはね、僕的には楽しんだもん勝ちかなと。各々思い切りやって後は待つだけ。
お互い決め続け、後攻の新田5人目、ほぼ同じ方向に飛び続けたゴレイロがこだわり続けて止める!
最後の最後にヒーロー感をかっさらい(笑)試合終了。
見事、第1回大会チャンピオンになれました!試合動画ハイライトでどうぞ!

フル動画はまたCATVで(笑)選手インタビューもカットされてなければあるはず。

応援諸々、試合の段取りや進行に尽力くださった方々にもこの場をお借りしてお礼申し上げます。
ありがとうございました。


スミマセン
3試合あると長くなりますね(苦笑)

ほんでね〜笑
年明け5日に定期練習日を使いOB歓迎で開催したプチイベント
高卒で来期よりFC今治でプロ生活を始めるOBも現れ、他高校生もちらほら
よく考えたらみんな全国経験者。是非いろんな意味で後輩達も続け!!

世代が違っても、フットボールを通じて団欒できるって素敵ですな!

それでは、また!!

ファイトー↑イッパァツ!!