主な活動場所
広州市天河区
 自作キューケース!
2020-07-10
キューのタップを自分で交換する人は結構多いと思いますが、キューの革グリップを自分で巻いたりする人はあまりいないと思います。そんな細かな作業が大好きで、最近自称「革職人」として、友人に自作の財布やバッグなどをプレゼントしているというMz教授が、今度は何とキューケースを自作してしまいました。

革や材料を購入したと、本人から途中経過は聞いてはおりましたが、いざ実物を見てびっくりです。


素晴らしい出来栄えです

ミシンなど専用の機械は一切使わず、全て手縫いというからまたまた驚きです。ポケットの形状や配置は、今まで使ってきた数々のキューケースの長所や短所を網羅されております。本当に良く考えて設計されています。

先週遂に、ずっと内緒にしていたメンバーたちにお披露目となりましたが、最初は全員自作のキューケースとは信じていませんでした。使用している革やファスナーなどの金具類も、惜しみなく一級品を使って仕上げております。これを実際に購入したら、うん十万円はくだらないだろうと思います。

本人は作っている時は本当に楽しかったけど、次の目標が無くなって、今は白い灰になったと言っております。そう言いつつ、私の独自の調査では、次もまた何かハンドメイドの物に取り掛かっている模様。次はいったい何を披露してくれるのか、今から楽しみです。最終目標はやはり自作のキューでしょうか?