ながの災害・防災ネットワークみらい

■カテゴリ:福祉・ボランティア - ボランティア

■主な活動場所:長野市

 阪神淡路大震災や東日本大震災、神城断層地震や熊本地震など、今も各地で地震や水害などの災害が起きており、ここ長野でいつ起きてもおかしくありません。
 そこで私たちは「日常からの繋がり」と「地域防災啓発活動」を継続的に行っていくことを目的に「ながの災害・防災ネットワークみらい」を立ち上げました。

ながの災害・防災ネットワークみらい 会則より抜粋
目的(ミッション)
1.この会は、多様な市民と共に、日常的な地域防災について啓発活動を行なう事を目的とする。
2.各地で起こる災害に対して、被災地支援活動を多様な市民の参加とアイディアに基づき行うことを目的とする。
3.被災地の状況を内外に発信することにより、被災地の人々を孤立させないことを目的とする。

東京さすけなぶる体験会 参加者募集!

2019年07月22日
先に避難所運営シミュレーション「さすけなぶる」ファシリテーター養成講座の案内を投稿しましたが、東京でその「さすけなぶる」の体験会が開催されます。

http://www.sasuke-nable.com/tokyo-sasukenable2019/

首都直下地震や南海トラフ地震が発生した場合、東日本大震災時 福島県下最大規模の避難所でさすけなぶるのモデルになった「ビックパレットふくしま」と同じ状況になることが想定されます。

ひと味違う避難所運営シミュレーション「さすけなぶる」を是非体験してみてください。

コメント(0)
最終更新日時:2019年07月22日 13時49分
カレンダー
<<7月   8月   9月>>
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
携帯からのアクセスはこちら