おおみや市民吹奏楽団HIBIKI

■カテゴリ:音楽 - 吹奏楽

■主な活動場所:七里コミュニティセンター
片柳コミュニティセンター
西部文化コミュニティセンター

メンバー登録する
<発足のきっかけ>
学生時代に青春を捧げた吹奏楽も忘却の彼方へ行った人、社会人になって初めて楽器を演奏する喜びを知った人、こうした長いブランクのある人や初心者は、社会人になってなかなか時間が取れなかったり、既存の吹奏楽団のレベルや膨大な練習日程などが障害になって、楽器を吹きたくてもその一歩が踏み出せないのが現実です。そんな人たちの受け皿として、初心者経験者関係なく吹奏楽の合奏を楽しもうというコンセプトでHIBIKIを立ち上げました。
<活動の目的・内容>
HIBIKIはあえて難しい曲にはチャレンジしませんが、吹奏楽の楽譜グレード3をしっかり演奏することを目標にしています。下手なままでよいのではありません。ゴールははっきりしています。グレード3の楽譜がしっかり吹けるまでの技能向上を目指します。
合奏とは、全員が音程、リズム、音色などのハーモニーを合わせ、よい音楽を作っていく作業です。他人の音を耳を澄まして聴くことがとても大切です。しかし、ハーモニーができた時の喜びは例えようがありません。
吹奏楽の合奏の楽しみを覚えて、聴衆のみなさんがよく知っているポピュラーな曲をしっかり演奏して、喜んでもらい、そして私たちも満足するバンドを目指します。

↓↓詳しくは「この団体について」をクリックしてください

初練習!

2012年02月05日
ついにHIBIKIの初練習が開始しました。口コミと公民館のチラシ募集だけのささやかな募集広告でしたが、11名の参加者がありました。
内訳は、オーボエ2名、クラリネット3名、サックス4名、トランペット1名、ユーフォニウム1名。
入団受付、音だしをした後、小川さんのリードで3Dを使って基礎練習。そして初めての合奏、ブラームスの子守歌。なるほどこうして合奏ができるのだと、実感。
3時から指揮者の金子さんを迎え吹奏楽の基本中の基本を教わる。特に、吹奏楽器のポイントである呼吸の仕方をしっかり学ぶ。
ブレスをそろえる、自分でカウントするなど合奏の基本。そして、やっとドレミファソラシドの音階を吹き終えて初日を終了。基本の大切さを実感した一日でしたね。さあ、次は曲に挑戦!

コメント(0)
最終更新日時:2012年05月31日 20時57分
カレンダー
<<9月   10月   11月>>
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
携帯からのアクセスはこちら