主な活動場所
東京都大田区で活動しています。
 訪問助産師さんって?
2021-04-03
こんにちは!
大田区双子・三つ子サークル
OTAふたごpicnic
通称 ふたぴく です!

本日も多胎児育児お疲れ様です!

今日は、大田区助産師会の訪問助産師さんについてのお話です😊


皆さんは、訪問助産師さんに来ていただいたことはありますか??
実は、私はありません。
そんなのがあることすら知りませんでした。

では、なぜ知っているのかというと、
1年半前のまだコロナが蔓延する前のこと。
産後ヨガのクリスマスイベントに参加し、そこで初めて大田区助産師会に所属されている菊地助産師さんにお会いしました!
菊地さんは、大田区で自宅訪問をしていらっしゃる助産師さんです。
その時は、我が子も1歳前で余裕がなくあまりお話ができなかったのですが、先日少しだけお話する機会がありました。

「双子ちゃんで訪問助産師を利用している方はほとんどいません。なぜ利用しないのでしょうか?」と
何気ない菊地助産師さんからの質問。
なんでだろう??
少し我が子が赤ちゃんだった時を振り返ってみました。

悩みは沢山ありましたよ!
例えば…

妊娠中のこと。
乳首のマッサージ、育児書を読んだら、産後の母乳のために妊娠後期から始めましょう!後々聞いたら、多胎児はお腹が張りやすく、早産になりやすいためNG!

出産方法ばかり気にして産後のことなんて考えられなくて、ただ不安だった妊娠中。
相談する相手すらいなかったな💦と。

出産後も、母乳に奮闘するけれど、小さく産まれたため、吸う力が弱く母乳を吸ってくれないから、なかなか軌道にのらない母乳。搾乳するていったって、どうしたら絞れるんだか…。

二人のペースも揃わなくて、イライラしたり落ち込んでみたり。
飲んだらすぐ吐き戻しで、衣類を変えて。
あれ?さっき母乳あげたのはAちゃん?
いや、Bちゃんかな?
もう何をしたのかすら覚えていられないレベルでしたよ。

でも、なぜ相談しなかった、
調べなかったのか?

いや、悩んでいる暇がなかったし、解決したいより、自分が寝ていたいって状態だったんだと思い出しました。

利用しないではなく、
できないだったのです。

でも、この母乳の悩みが解決したら、すごく育児が楽だっただろうし、私もよく眠れたのかもですね😂
当時の私に教えてあげたいです。

こんな悩みを解決してくれるのが、訪問助産師さんです!
外出できずにこもりがちな多胎児ママは、母乳外来なんて絶対に行けませんからね😂

それに、他にもこんな悩みを相談できるんですよ!


そして、4月10日(土)
大田区産業プラザPIOでのイベント!
「つなげるカーニバル2021@東京都大田区」にて、大田区助産師会から菊地助産師さん、村上助産師さんも参加されます!
日頃のお悩みを無料で相談するチャンスです✨
是非、遊びにきてくださいね!!

イベント情報、お申し込みはこちらから
↓↓
https://tsunagerunpo.com/news/6571/