千束ファイターズスポーツクラブ

■カテゴリ:球技 - 野球(軟式)

■主な活動場所:洗足池グラウンド、大森第六中学校校庭 他

東京都大田区の「洗足池グラウンド」をホームグラウンドとして活動を行っている少年野球チーム「千束ファイターズ」の公式サイトです。
(2019年以前の情報についてはこちらにアクセスしてください。→ https://blog.goo.ne.jp/senzokufs 🚀)
最新の試合結果は「アルバム」にて公開中! 🔻

2020.9.13 千束地区秋季リーグ戦、9月13日開幕!!

2020年09月13日
春季大会はトーナメントでの戦いとなった千束地区野球大会ですが秋季は例年通りリーグ戦で開催される事となりました。

開会式は例年の様に、来賓の方々や全チームの選手達が参加しての開催はできませんでしたが、このコロナ禍のなかソーシャルディスタンスを確保し、前年表彰の返還式という形式で執り行われました。
形は変われど開会式が行われ、無事秋季大会が開催される事は千束地区野球協会皆様方のご尽力のおかげと深く感謝申し上げます。


今回のファイターズは高学年リーグに6・5年生のAチーム。
そして低学年リーグでは最強軍団4年生のBチームと新加入メンバーの成長が著しい3・2年生のCチームの2チーム出しで秋季大会に挑みます。


そして、返還式直後の開幕戦から我がファイターズAチームが登場!!。
春のトーナメントでは5回タイブレークの末、惜しくも勝利を逃した洗小ヤンキースAとの因縁の一戦となりました。


先発はエースのタケル。初回からパスボールで1点を失い苦しい立ち上がりとなりましたが、相手投手陣の乱調と5番リュウヤの3塁線を破る2点タイムリーもあり、1回裏に一挙3点をあげ即座に逆転。
2回以降はタケル→シュンスケ→タケルの巧みな投手リレーで相手打線を封じ込め、攻撃陣もボール球に手を出さず、コツコツ得点を重ね、終わってみれば7対2での勝利。見事に春のリベンジを果たす事ができました。

今日の試合のMVPは3塁コーチのリンタロウ。
大きな声でランナーに指示を出し、相手投手へのプレッシャーは半端ない事だったでしょう。ベンチ一丸となった久々の完勝に監督も感動で目頭が熱くなった様でした。

秋季リーグ戦は今日から10月末まで8日間の日程で開催されます。
大会2日目には低学年リーグで、Bチーム対Cチームの兄弟対決も予定されています。

皆様ぜひ、洗足池グランドにご参集いただき、選手達の熱いプレーにご声援をお願いします!!

コメント(0)
最終更新日時:2020年09月14日 23時39分
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
携帯からのアクセスはこちら