■カテゴリ:音楽 - オーケストラ

■主な活動場所:調布市文化会館たづくり(京王線調布駅:新宿から特急で15分)
※団員は(2021年3月現在)東京都(調布市、府中市、日野市、町田市、あきる野市、荒川区)から集まって来ています。

練習:毎週日曜日9:30〜11:30(9:00〜 個人練習ができます。3連休以上の時は、練習は休み(毎月のように3連休があります)
団費:月額1500円
定期演奏会:年に一回(秋または冬:第1回定期演奏会 2022年2月11日(金・祝))
アンサンブルコンサート:(春または夏:次回は 2021年5月16日(日))、『小さな小さな音楽会(市民編)』に参加することもあります。

入団条件:アンサンブルの好きな方(オーケストラも好きな方)
    :練習に参加できること
    :団費を支払えること
    :満18歳以上(ただし、高等学校に就学中の方は除きます。)

募集レベル:中級・上級


合奏指導:末永隆一先生(http://www.r-suenaga.com/

団員募集(二管編成・室内管弦楽団):※見学の時は楽器を持って来てください
ヴァイオリン8
ヴィオラ3
チェロ1
コントラバス1
オーボエ1(練習にたくさん参加してくれる方)
ファゴット1
ホルン2(アンサンブルの好きな方)
トランペット1(譜面の読み替えのできる方)
※見学は3回まで出来ます。


練習中の曲:
モーツァルト:交響曲第35番「ハフナー」
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」

弦楽アンサンブル:
グリーグ:「2つの悲しき旋律」より「過ぎし春」

管楽アンサンブル:
グノー:小交響曲(木管9重奏)

※全体練習終了後、少人数のアンサンブルのために練習場所を開放しています。


姉妹楽団:すずらん吹奏楽団(毎週金曜日19:15〜21:00)

すずらんの日

フランスでは5月1日に愛する人やお世話になっている人にすずらんを贈る習慣があり、もらった人には幸運が訪れると言われています。

ステキな音楽のプレゼントができるように。
そんな願いを込めて、すずらん管弦楽団という名前にしました。

選曲/練習

団員ひとりひとりに自分が名曲だと思う曲をお聞きして、その曲を中心に選曲を進めます。
また、練習のステップを設定し、確実に曲を仕上げていきます。

また、分奏の時には、管弦楽曲だけではなく、弦楽アンサンブル、管楽アンサンブルの曲も取り上げます。

全体練習終了後20分程度、少人数のアンサンブルのために練習場所を開放しています。

名前を覚える

団員ひとりひとりが団員全員の名前を覚えている状態を理想とします。
そして、そのためのアイデアを実行していきます。

人間関係がアンサンブルの基本であると考えます。

問い合わせ

ここで記入した内容は、団体「すずらん管弦楽団」の担当者に送られます。

お名前
メールアドレス
お問い合わせ内容
カレンダー
<<2月   3月   4月>>
28 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
携帯からのアクセスはこちら