サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

北海道エリアの文化&ボランティア団体が書いた2020年11月のブログ一覧

コロナ禍と持病について

コロナ禍と持病について
(心臓カテーテル手術への決断)

 2020.11.20 宮川 徹
はじめに
 中高年になりますと、大多数の方々が何らかの持病を持っていらっしゃると思います。長い人生においては「無病息災」が理想ではありますが、逆に持病を持っていることで定期的に通院し、健康確認(診断)してもらえることから、「一病息災」という言葉が現れるのが現代の医療事情とも言えそうです。今回はコロナ禍の中、一つの持病を持つ私が、手術を決断するに至った経緯をお話ししたいと思います。

1 持病の発症 
 始まりは40代(2000年代)の頃でした。定期健康診断にて「心臓肥大」の傾向があるということで、経過観察になりました。特に自覚症状があるわけでもなく、自衛隊の艦船勤務もそのまま続けていました。
 50代になり、東京の市ヶ谷で勤務しているときの健康診断で、初めて「閉塞性肥大型心筋症」という具体的な病名が告げられました。心臓は血液を全身に送るための、ポンプの役目をしていることは皆さんもよくご存じと思います。心臓から全身に血液を送り出す吐出口付近が肉厚となり、吐出口が狭くなっていく病気です。進行すると血圧の上昇、不整脈、失神、希に突然死という症状が出てきます。この時点で競技的な要素を伴うようなマラソン等の運動は止められてしまいました。しかしながら血..