サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

北海道エリアの文化&ボランティア団体が書いた2020年4月のブログ一覧

肺炎の恐ろしさについて
横須賀市 宮川 徹
 本日4月23日、新型コロナウィルスへの感染で、女優の岡江久美子さんが亡くなったという報道が有りました。新型コロナウィルス感染に伴う「肺炎」が急速に悪化したことが原因のようです。障碍者施設後援会への記事としては、あまり沿ぐわないかもしれませんが、「肺炎」というものの恐ろしさについて、自分自身の経験からお伝えしたいと思います。
 15年程昔の、未だ海上自衛官現役の40代後半の頃のことです。当時は陸上支援部隊の総務科長の配置で有り、師走に入り仕事が非常に忙しい時期で、疲れもピークであったと思います。それでも何とか仕事を終えて職場の忘年会に合流し、気分良く家路に着き、夜10時前後には就寝したと思います。ところが、それからが悪夢の始まりでした。
 間もなく全身に悪寒が走り始め、激しい震えとともに寒くて寒くて眠れなくなってきました。次に出始めた症状が激しい咳です。胸焼けのような気持ちの悪さから、トイレで嘔吐しましたが、少々の血が混じっていました。その後も激しい咳は収まらず、咳をする度に血反吐が出始めました。血反吐がどんどん出るので、ティッシュでは間に合わなくなり、洗面器を抱えて受けていましたが、洗面器の底が血反吐で見る見る内に一杯になってきたので、これは不穏(出血多量)と判断し、隣の妻を起こして、..