サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

北海道エリアの団体が書いた2020年2月のブログ一覧

現メンバーの中級者によく言うことがある。 「B級優勝が目的か?、A級優勝が目的か?」と。 どうみても、先を見ていない感じがする。 仮にB級は優勝できたとしても、A級では歯が立たないだろうと思うシーンが多々ある。 個人的にはゲームの展開はA級と一緒、ただ、技術が未熟であるというテニスであってほしいと願う。 
私にも経験がある。 初心者の時習って今では全く使っていない事。 あとで、あれは球打ちする技術でテニスの技術ではなかったと感じた事。 これは明らかに先を見ていないね。 確かにその方が楽しくテニスできたかもしれない。 でも、私は後に使う技術を習いたかったと。 私個人は先を見据え、論理的な教え方をするコーチが好きです。

これ、ほかのスポーツでもそうなのね。 今、テニス人口もそうですが、スノボ人口も増やしたいと思っていて。 今年は3名に板のおさがりプレゼントしてます。 増やすためには好きになってもらわなければならない。 と、なると教えなければならない。 ですが、教えるほどの技術ないわけです。 残念ながら。 私、始めた日から独特ですがターンも出来たので、出来ない人の気持ちがわからなかった。 で、調べましたよ。 You Tube で、how to 動画。 そして、出会いました。  LATEproject のスノボ先生こと瀧澤先生に。
とにかく論理的で一つの技を教えるうえで..

いろいろスポーツをしていますが、今の1番はスノーボード。 暦でいうと十年ぐらいにはなりますが、中級どまりのまま今に至っております。 私のコーチは札幌に住む弟で1年に1,2回一緒に滑ります。 その時には色々アドバイスしてくれます。 とは言っても、その時だけですから、持ち帰って練習してもうまくいかないことは多々あるし、本当にこれであっているかもわからないって、状況でした。 もちろん、うまくなりたい思いもありますが、今の状況でも楽しく滑れているならそれもいいか。 と、思った時もありました。 それを見透かされたように、「上手くなりたいと思ってるから時間を割いてるけど、そうじゃないなら時間の無駄だから教えたくない。!」と、言われた時がありました。 そうだよね。 失礼だったと反省しました。 それからは早く上達して手を離れようと努力したものです。

テニスにおいては弟の立場が私です。 初心者にテニスを教えることは楽しい。 人が上達していく様を見るのはうれしいものです。 というより、うまくなりたい!オーラを出す人が好きです。 そういう方は2時間の練習を無駄にしません。いや、1球1球を無駄にしないんです。 家でできること(高いコート大払ってやることではないからね。)を宿題にしたら、必ずやってきます。 そして、質問してきます。 そんなテニス馬鹿を多く発掘..