サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

その他エリアの団体が書いたブログ一覧

広州の現状 続き2

日本では7都府県で緊急事態宣言が出され、中国では武漢が2ヶ月半の都市封鎖が遂に解除されました。ここ広州もかなり楽観的な雰囲気になっているとは言え、まだまだ外出時のマスク着用の義務と、マンション・オフィスビル・ショッピングエリア等に入る前の検温は徹底されております。
年配の方々は楽観的です

映画館などの人が密集するイベントホールもまだ開館は出来ないようで、小中学校や高校と大学も授業再開には至っておりません。ただここまで徹底した対策の効果は確実に出ているようで、内部での新たな感染者が大きく増加することもなく、もっぱら海外からの帰国者及び外国人の要因で感染者が増えているとの政府報道がされております。3月下旬から原則全ての外国人は入国禁止となっており、こちらで働くべき人や一時帰国していた家族が戻って来れなくなっているケースが多々あります。
最近では外国人の政府関連施設への立ち入りも禁止されているようで、先日税務局に納税証明書を貰いに行ったところ、検温と身分証提示のところで警備員に入館を止められ、現地の代理人に委任状を書いて委託するよう言われました。またビザの更新も、これまでは必ず本人が申請窓口に行かなければなりませんでしたが、今回は郵送で良いとの通知がありました。日本ではとかくこういう事例を差別とか騒ぎ立てる人がいますが、このような徹底し..

時すでに遅しと言われし事多くあれど、心の底からこの星を救おうと思う者たちが増えれば、その結果として時間が縮まり、その間に多くの可能性が増えるだろう。

お前達人間はまだ自分の事と捉えているならば、この地球の自然破壊だけだなく、全ての生命の繋がりを一瞬で壊す程の物を持ち、それをいつ使うか分からぬと脅しながら、他の国との牽制をするような愚かな人間が学びなら、それに対する報復は、自分達がやってきた事の結果として、あらゆる手段を通じて、全ての繋がりを消そうとする者達に対して、私達は全ての事を、全ての繋がりを破壊する者達に向け、その動きが始まるという事を告げておこう。

やがて来る時代がどのような時代になるかは、お前達がどれだけ本気に、また、本音で本質で生きているかを、嘘なく生きるならば、問われる事はなかろうが、表口と裏口を使い、さらにまた裏口を作り、本質から程遠い誰もが信じられなくなるような、悪しき行い、悪し思いを続けることにより、自らの最も大切とするべき家族、子供達、そしてその子供達の自然の恵となる食べ物や、汚染されない土地や、住むべき環境、構築している自然界の仕組みを、破壊された時の事を考えなさい。

いくらでも方法はあるはずなのに、なぜまだ単純なことが分からんのか。
人間は自分で自分の首を閉める閉めるがごとく、地球の破壊をし続ける。..

(宇宙後)

わたくしたちは、いつも皆さまを見守っておりまする。

山に風が、海に波が、大地に芽吹く、すべての命、
そして、天空を走る雲たち、さらに星空の星たち、
全ての精霊たちを含む、あらゆる者たちが私たちの意識に繋がっています。

だからこそ、当然、皆様たちの魂にも同じように私たちの意識が繋がっております。

やがて来る時代の為に、新たなことが、様々に起きておりまするがそれもまた一つ、
ひとつの階段と同じ。

起こることをどのようにとらえ、またどのように立ち向かうのか。

新しき命が生まれるがごとく、新しき発想、新しき創造、
新しい考え方をもって、新しい価値観をもって命をはぐくみ合い、
また更なる進化を進めるために起きていることでございます。

これでまた尚更に気づく者が増えるならば良いですが、
尚更に傷つくもの、苦しる者が増えるならば、更なる大きな出来事、
気づきを起こさねばなりません。

やがてあなたたち人間はすべての出来事が、
すべて自分の意識と行動の結果であることを気づくために、
まだまだ更なる出来事が起きることを覚悟しなければせねばなりません。

やがて来る時代、そうあなた達たちが設定した時代のことですが、
その設定まで早めにクリアしなければ、やがて来る更なる、その宇宙からの設定、
そう2023年の事でありまするが、それ..

広州の現状 続き

とうとう広州市のビリヤード場も再開しました。
早速Mz教授とSg名人と久しぶりに撞きに行きましたが、中にはマスクを外して球撞きをしている人も何人か見かけました。こちらのビリヤード場は日本で言う「雀荘」と併設されているところが多く、我々が行ったビリヤード場でも個室の密閉状態の中でマージャンに興じている人たちも多くいて、本当に大丈夫なのかなとも思いました。

私個人も早い時期でのビリヤード場の再開を望んでいた一人ですが、ここ数日間の欧米諸国のウイルス感染状況、世界のあらゆる分野でのイベントの中止や延期、東京オリンピックの開催延期議論などに比べて、最近のこちらの政府報道や一部の人たちの行動などは危機感が薄すぎる感じもします。
こちらではピークは過ぎたと大々的に報道されておりますが、実際には学校関係はまだ授業再開はしておりませんし、各国から帰国した人たちが空港の検査で陽性反応が出ている例も、地味ではありますが毎日報道されています。一部の人を除いて大部分の人たちはまだまだ過剰とも思えるほどの対策をしています。正常な状態に戻るにはもう少し時間がかかりそうです。我々日本人も引き続き油断せずに注意していきたいです。

本日公開されました第3弾アカシックレコードを降ろしていただいた日から約140回繰り返し聴きました。
溢れ出るいろんな感情と涙が流れた後に浮かぶのは、家族や周りの人たち世界中の人たちを笑顔に幸せにしたいと、これまで心で願ってきた想いと同じものでした。そして自分自身も幸せになること…。

沢山の愛の中で育ち、たとえ裕福でなくても "恵まれている" というささやかな幸福感を抱きながら暮らしている中、突然2011年頃から辿った道のりは決して簡単なものではありませんでした。誰にも言えず、ただただ目に見えないものを敬い信じる気持ちと、自分自身の可能性を信じることだけに徹していました。

思い出した事があります。幼い頃から大人になっても【人と何か違う】【何かが欠けている】【このままでよいのか…何かやらなければならない事があるのでは】という感覚はずっとありました。
いつも前に出される…いつか出なければ⁉︎…そんな漠然とした感覚が占める時に思い出されるのは何故かいつも、"民衆を導く女神" という絵画でした。

幸福波紋の力を持っていると知らされていた私は正直、アカシックの内容を聴いた時、一瞬で何を言われたのかを忘れるくらい愕然としました。温かく穏やかで綺麗なものと勝手に思い込んでいたからです。


ありのままを すべてを受け入れて ようやく今、3次元のルールや制約を超えて..