サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

その他(海外)エリアの団体が書いたブログ一覧

セルフホワイトニングはどうして歯を真っ白になれないの

皆さん、こんにちは
今回、セルフホワイトニングはどうして歯を真っ白になれない原因について、説明いたします


セルフホワイトニングは患者さん(お客さん)自身がすべての施術をおこなう方式です。

一回ホワイトニングして、歯科医院ホワイトニングと同じように、歯を真っ白になりますか

という疑問を持っている者がいると思います。

実は、セルフホワイトニングは漂白作用がなく、歯の表面の汚れしか落とせないことことです。
それに、連続ホワイトニングして、効果的です。
元から歯の色が黄ばんでいる人や、加齢で歯の色がくすんでしまった人が、セルフホワイトニングのみで歯を真っ白にすることは難しいですね

真っ白になれない原因は溶剤成分です。
過酸化水素」や「過酸化尿素」が主成分の薬剤は歯医者さんと歯科衛生士しか持っていませんので、普通のサロン店では取り扱って行けません

そういうことで、セルフホワイトニング用の薬剤は主に重曹やポリリン酸、炭酸カルシウム、メタリン酸などです。

これらの成分を含めっている溶剤は漂白作用がないで、真っ白になれません。
歯の表面の汚れしか落とすだけです。

セルフホワイトニングでは、LEDで照射することで歯を白くしていきます。
一方、オフィスホワイトニング(歯医者さんで行うホワイトニング)では、医療機器として認められた機械(..