サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

その他エリアのスポーツ団体が書いたブログ一覧

1月12日 月例会

「明けましておめでとうございます」と言っても、春節(旧正月)がメインの中国は、今のところ全くお正月の雰囲気ではありません。今年は1月25日が春節で例年よりかなり早めですが、広州は今までに経験したことのない暖冬で、そのことも春節の雰囲気にならない原因なのかも知れません。

4年目に突入したGBCの今年最初のイベントは月例会です。デビュー以来ここまで圧倒的な強さで3連覇中のSg名人が、前人未到の4連覇達成を目指します。試合前の練習でもキレッキレで手が付けられない感じでした。初戦は今年の目標に”月例会優勝”を掲げた私との試合でしたが、予想通りあっという間に試合が終了してしまいました。
次戦は大会名誉役員でお馴染みのSzさんとの対戦でしたが、思わぬミスでセットを失うと、まさに”眠れる獅子”Szさんの連続スーパーショットも飛び出し、なんとSg名人のデビューからの連勝がストップするという波乱が起きました。
不敗神話崩壊 お見事Szさん!

Szさんは同じくSg名人を破ったMz教授との対戦でも、怒涛のスーパーショット連発と冷静沈着な試合運びで、Sg名人とレジェンドMz教授の2人のボスキャラを撃破する偉業を達成し、見事に月例会初優勝を勝ち取りました。おめでとうございます。
前回優勝のSg名人からトロフィー授与

試合後に「ハンデのお陰で優勝できたようなものです」と謙虚なコメントして..

12月15日 月例会

2019年度最後の月例会は、広州勤務時の最後の参加となる'練習の鬼’Htnさんが、自身の宣言通り優勝カップを日本へ持ち逃げ出来るか、はたまたデビュー以来無敵を誇る怪物’Sg名人'が3連覇を達成するか、そして名人に誰が土を付けるかで、前日の壮行会からその話題で盛り上がりました。

今回も東莞からHdさんが刺客を送り込んできましたが、それを難なく撃破したSg名人は、残りの試合も完勝し早々と準決勝進出を決めました。
一方で練習の鬼Htnさんは、初戦こそ勝利したものの、次戦での敗戦が最後まで大きく響き、セット数で残念ながら予選敗退となってしまいました。

準決勝でSg名人と対戦した私ですが、正にあっという間の敗戦と言う言葉がぴったりの試合で、名人のウォーミングアップにすらなりませんでした。まだまだ名人との間に越えられない壁とは別に、深くて幅広の内堀と外堀まである感じです。
強い強い強い

さて決勝戦は3連覇にリーチがかかった名人と、最近月例会で強さと安定感を発揮しているHdさんが、前回と同様に決勝対決となりました。
ここまで1セットも失っていない名人からHdさんがセットを奪う健闘を見せましたが、終わってみれば名人の圧勝で見事に月例会3連覇を達成しました。
大会名誉役員のSzさんよりトロフィー授与

これから一体どのくらい連覇を続けられるのでしょうか。名人にストップを..

壮行会

年末で日本帰任となる”練習の鬼”ことHtnさんの壮行会を開きました。

Htnさんはクラブ入会が今年の5月で、活動期間は実質7ケ月ほどでしたが、そのビリヤードへの情熱・熱意で我々クラブメンバーに大きな影響を与えてくれました。
メンバーからの贈り物に笑顔で応える練習の鬼

毎日の睡眠時間と他の娯楽時間を一切削り、週4~5日のビリヤードの練習を約2年間続けたられたというから本当に驚きです。なかなか真似出来ることではありません。正に「練習は嘘をつかない」という言葉がぴったりの方でした。
私も個人的に何度も練習に付き合っていただきましたが、その都度Htnさんがどんどん上達していくのを肌で感じ、自分も負けていられないと常々思っておりました。Htnさんのクラブ入会がもしあと半年早ければ、クラブの雰囲気もきっと変わっていただろうと思います。

日本へ帰任後は、さすがにこの2年間の生活と同じというわけにはいかないでしょうが、本人曰く「またいずれ広州に戻って来たい」とのことですので、メンバー全員が期待してお待ちしております。短い期間でしたが、本当に有難う御座いました。

壮行会の後は、恒例?の二次会球撞き会に突入しました。気軽に手軽にできるところがビリヤードの良いところです。




11月10日 月例会

先月の月例会以降、クラブ内では鮮烈なデビューを飾ったSgさんの話題で持ち切りでした。我こそが連覇を阻止せんと、今月は過去最も参加メンバーが多い月例会となりました。

Sgさんは東莞から参加のHdさんが送り込んだ「刺客」にかなり苦労しながらも、周囲の期待とは裏腹に、順調にグループトップでベスト4まで勝ち上がりました。もう一方のグループでは第二シードのMz教授がまさかのグループ敗退の大波乱で、Hdさんが見事にトップ通過を果たしました。
準決勝はグループトップの両名が共に勝ち上がり、決勝は連覇に王手がかかったSgさんと、優勝トロフィーを再び東莞へと意気込むHdさんの対決となりました。

ミスが少ないSgさんに対して、Hdさんも持ち前のテクニックを存分に発揮しましたが、最後は対戦相手のHdさんも気付かないほどの華麗な「キャノンショット」をあっさりと決め、見事に連覇を達成しました。おめでとうございます。
大会役員のSzさんよりトロフィー授与

Hdさんが送り込んだ刺客に苦労し、序盤はキューが出ていなかったとコメントしていたSgさんですが、最後はやはりまだまだ余力を残した優勝でした。今後も暫く連覇が続きそうですが、誰がこの怪物に一矢を報いることが出来るでしょうか。