サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

その他エリアのその他団体が書いたブログ一覧

 おはようございます。
 
 今朝も良い天気だが風が強く、若干寒い朝となっている。日本の株式市場は膠着状態となっているが、いつかはこの膠着が終わるので、そのタイミングをしっかりと見極める必要があるだろう。指数に影響の大きな銘柄は買われすぎている銘柄が多く、いったん調整となると大きな調整となることもあるだろう。
 
 上に放れるにしても下に放れるにしても保ち合いを放れればある程度大きく動くことになるのだろう。決算発表が始まるところで、好決算も出尽くしとなる可能性も高く、下に放れるのではないかと思うが、買われすぎ銘柄がさらに買われすぎてから過熱感から売られるというパターンもありそうだ。下に放れれば調整は長引き、引き続き3万円に近づくと売られる、3万円を超えると売られるという状況が続くことになるのだろう。
 
29,500円~29,800円の保ち合いをどちらに抜けるかという状況に変わりはなく、積極的に買い上がる材料もないことから再度上値の重さを確認することになりそうだ。空売りが積み上がるということでもないので、上値の重さを嫌気しては売られるということでまだまだ保ち合いが続くのだろう。
 
週末の米国市場が堅調となったことから本日の日本市場も買い先行となりそうだ。ただ、ここのところ寄り付きが天井=寄り天となるケースも多く、決算発表前の持高調整の売り買..

 おはようございます。
 
 今朝も天気は良いのだがとても寒い朝となった。株式市場は日本では上値も重いという感じだが、米国株は「適温」なのかどうか疑問だが、好調な経済指標なども見られ、素直に反応している。決算発表も始まったが決算への反応は今一つ鈍いようだ。ただ、日本市場と米国では指数の構成などが違うことで少し相場のニュアンスが違うような感じだ。
 
 日本市場では特に日経平均はここのところ実体の相場と乖離しているような感じだ。以前から同じなのだが、特にここのところの相場では指数に影響の大きなファーストリテイリングやソフトバングG、東京エレクトロンなどが単純な需給だけで動いている。景気動向や業績などに反応しているわけでもなく、日経平均だけを見ていると相場雰囲気もわかり難い感じだ。それでも決算発表が本格化するなかでは業績動向、景気動向に反応するようになってくるだろう。指数に影響の大きな銘柄は買われすぎ感が強いので、好調な決算も出尽くしとなって上値は重くなりそうだ。
 
まだまだ29,500円~29,800円を中心とした保ち合いが続くとみてもいいだろう。このレンジをどちらに抜けるかということで抜ければどちらでも200円~300円程度は一気に抜けるということもありそうだ。少し先を見ても28,500円~30,500円程度の範囲での動きが続くのだろう。
 
米国株は堅調、..

 おはようございます。
 
 昨日は天気の割には暖かく、今日は逆に天気は良いが寒い朝となった。季節の変わり目ということなのだろうが、株式市場もこれまでの「イケイケ」という状況から変化もありそうだ。米国のベージュブックでも物価上昇が指摘され始めており、日本でも物価上昇なども気になる場面も出てきそうだ。
 
 決算発表が米国で始まったが銀行株の決算は明暗が分かれる形となった。これから決算発表に一喜一憂することになるのだろうが、株価が先行している感もあり買われすぎ銘柄の修正安がみられると思う。高値圏にある銘柄は好調な決算でも売られるということもあるのだろう。
 
引き続き29,500円~29,800円を中心に上がれば売られ、下がれば買われるということなのだろう。この保ち合いをどちらに放れるかということだが、さらに下値の目途とすれば、29,200円や29,000円、そして28,500円水準だろうし、上値は30,000円、30,200円、30,500円というところが節目として意識されるのだろう。
 
米国株も買われているというよりは売られていないという雰囲気で日本市場も同じように売り買いの決定的な材料に乏しく、戻り売りと押し目買いのせめぎ合いが続いている。業績面から買われすぎている銘柄も多く、特に指数に影響の大きな銘柄の手仕舞い売りに押される場面も多くなってくるだろう。
 
ボラティリテ..

 おはようございます。
 
 菜種梅雨という言葉をここ数年聞いていないような気がしたが、まさに梅雨空という天気だ。株式市場は堅調な地合いが続いているがやはり上値はどんよりとした雰囲気で重くなっている。米国株は引き続き堅調だが、個別株のデリバティブなどの影響もあり、米国では指数よりも個別銘柄が中心ということなのだろう。日本市場は指数先行ということで彼我の違いがここのところの相場の雰囲気の違いなのではないかと思う。
 
 米国市場では個別株オプションなどが盛んに取り引きされているので、決算発表時にヘッジやベットの手段として使われることが多い。ゲームストップ株の乱高下でも話題になったように株価が一方向に動きやすい傾向にある。日本では特にオプションの影響というよりは日経平均の影響で一方向に動きやすいということはあるだろう。日経平均が特殊な指数だけに、特に材料に反応するというよりは値動きに反応することが多いのだろう。当面は上値の重い展開が続くと思う。
 
29,800円水準も上値めどとなりそうだ。30,000円が買えないということになると上値の重さが嫌気される場面もありそうだ。引き続き29,500円~29,800円を中心とした保ち合いとなりそうで、上下抜けても200円~300円程度の振れ幅となるだろう。
 
米国株はまちまちとなったが、夜間取引やシカゴ市場の日経平均先物..