サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

その他エリアの団体が書いたブログ一覧

 おはようございます。
 
 今朝も良い天気だがここのところ寒い日が続いている。春らしい天気が少なく、夏か冬かというような天気になっている。株式市場も訳もなく大きな上昇となったり、昨日のように大きな下落となったり、目先の値動きに連れて一方向に動きやすい相場となっている。それだけ、同じ情報を見て、同じように行動している向きが多いということだろう。
 
 人と同じことをやっていると、最大限人と同じだけしか儲けることができなのだから、人より、半歩先を行くということが一番良い。ただ、常に人より半歩先を行くというのは難しいので、1歩先、2歩先を歩くということで良いのだろう。あるいは、一周遅れでも構わないということで今の流れの次のサイクルを考えるということで良いのだろう。米国金利の上昇が一服となっているので、金利が上昇することを考えているといいのだと思う。
 
30,000円を付けると売られるという雰囲気になってきそうだ。いったん下値を試すような動きになる可能性も高く、当面は29,000円台での保ち合いとなるのではないかと思う。まずは29,500円水準で下げ止まるのかどうかということになるのだろう。
 
米国株も上げ一服となったが、日本市場は先んじて売られた形だここのところ日本株が先行している面もあり、買われすぎ銘柄の修正安が続いている..

 おはようございます。
 
 今朝は天気は良いが寒い朝となった。日差しは春という感じだが、風が冷たい感じだ。株式市場は米国株が大幅高となり、堅調な地合いが継続するという雰囲気だが、買われ過ぎ感が強いのが気になるところだ。誰もが株高、好景気が続くと思っていて、金余りを享受している雰囲気がまさにバブルという感じがする。
 
 バブルではなく、実体経済がついてきているという見方もあるが、それだけ体感温度に差があるということで、二極化が進んでいるということだろう。金余りの先はバブル崩壊ということが決まりであり、これまでも数年に一度の暴落があることを考えると、昨年3月の暴落から1年以上の上昇が続いているということでもあり、そろそろ調整が見られてもいいのではないかと思う。決算発表が始まるところで何かつまずきがなければ良いと思う。
 
30,000円台乗せということでいったんは上値も重くなり、下値堅めとなる場面もあるのだろう。30,200円という水準が節目となりそうで、その水準を抜けると30,500円程度まで上昇するだろう。オプションSQ(特別清算指数)算出を控えて買い急ぐ動きになるのは30,500円を超えてからでそれまではまだ30,000円台固めだろう。
 
米国での経済対策期待から買われているが、日本では特に経済対策が期待されるということでもなく、買い上がるだけの材料に..

 おはようございます。
 
 公園の桜もすっかり葉桜となり、イチョウやケヤキの木もすっかり緑になってきた。株式市場もここへきて新規公開が増えているが、ほとんどの企業が上場当初が高値となって、その後株価は低迷、出来高もできず、「上場ゴール」のような感じになっている。新規公開時の公募株がプラチナチケットのようになっており、新規公開の仕方なども少し考えた方が良いのではないかと思う。適切な資金調達ではなく次々と新しいゲームのネタを提供しているようにも思える。
 
 日経平均という指数も少し改良するというか改善することは考えないのかとても不思議だ。米国のダウ平均のように、影響度が大きな銘柄と小さな銘柄の差を減らすようにしないといけないのではないかと思う。単純に平均しているだけの指数なのにもかかわらず、採用基準が売買高というようなこともおかしな話でもあり、改善の余地は大きいと思われる。225銘柄を採用している意味がない指数でもあり、ほんの1銘柄2銘柄で指数が動かされ、さらにその1銘柄、2銘柄の比重が大きくなるということにもなる。日経新聞社には株式市場全体の指標となるように改善を期待する。
 
30,000円の攻防となりそうだ。30,000円は超えるかもしれないと思っていた向きも多いので特に超えたからといって買い急ぐ動きもなく、逆に上値も重くなるのではないか..