サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

その他エリアの団体が書いたブログ一覧

 おはようございます。
 
 今朝も天気は良いようだが、桜の木も桜色から緑に変ってきている。株式市場も米国株などは堅調な展開となっているが、イースター休暇前の買戻しに過ぎないのか、買われすぎ銘柄の修正が終わったのかが注目されるところだ。イースター休暇明けの動きで方向が決まるということになるのだろう。
 
 ただ、日本市場でも買われすぎ銘柄が多いことは確かなことで、金利上昇からの信用収縮懸念が強まるとさらに修正安となるだろう。少なくとも買われすぎ銘柄がこれまでのような買われすぎ水準まで戻るということでもなく、あとは業績が追いついてくるのを待てるのかどうかが注目される。まずは日銀短観、そして米国の経済指標、そしてさらに決算発表へという流れのなかで、金利と業績とを気にすることになる。
 
29,500円の節目を抜けるような勢いだが、昨日のように手仕舞い売りに押されるということもありそうだ。最後まで買いが続くのかどうか、目先の需給だけだと思うが買戻し一巡後の動きが注目される。29,500円を超えると上値も重くなりそうだ。
 
月初の買いが入ったが、値下がり銘柄数が多く指数先行となっている。米国株は3連休前の手仕舞いの買戻しなどもあって大きく上昇しているがここで潮目が変わったとも思われず、引き続き金利などを気にすることになるだろう。日本市場でも上値は重..

 おはようございます。
 
 昨日も暖かいというよりも暑いという感じだったが、今日は一服となるようだ。株式市場も買われすぎ銘柄の修正安が続いていたが下げ一服となった感じでもあり、新年度入りということで新たな相場が期待される。ただ、ここ数年は月初高の後が続かないというケースも多く、4月相場もそうなるのではないかと思う。
 
 まだまだ買われすぎ銘柄が多く、上値を買い上がるには企業業績の回復も織り込み済みということで材料とならず、上値の重い展開が続くと思う。塩漬けが増えているし、米ファンドの問題に見られるように米国債券の金利上昇が信用収縮に繋がり、株価の上値を押さえることになるのだろう。
 
25日移動平均線や基準線に上値を押さえられる状況には変わりないだろう。引き続き29,500円水準が上値の目処とみられ、その水準を抜けても30,000円までは届かないのではないかと思う。当面は29,000円台前半を中心として下値を試す動きなりそうだ。
 
昨日は再投資の買いが期待されたものの結局は買いが入らず冴えない展開となった。このコラムでは元々再投資などないと言ってきたが、米国でも持高調整の売り買いだけで動いているような感もあり、新年度入りということでとりあえずは買い先行となるのだろうが、引き続き上値は重いと思う。
 
まだまだ下落に対する警戒が必要だと思う。米国..

 おはようございます。
 
 昨日は暖かいというか暑いくらいの天候だったが、何となく空がくすんでいる感じだった。株式市場も日経平均は配当落ちを埋めるという形だが、改めて日経平均のいびつさを感じさせるものだった。ファーストリテイリング、ソフトバンクG、東京エレクトロンの3社で147円日経平均を押し上げており、下落にしても上昇にしても株式市場の実態を表しているということにならない。
 
 これだけいびつな日経平均をこのまま放置しているということは東証がTOPIXを主体にしたいと考えてのことなのだろうが、これだけ派生商品が出ているものとしては考えた方が良いと思う。日経新聞社の怠慢としか思えないが、日経平均の改革をすると影響が大きすぎるということかもしれないが、どこかで大きく問題になってくると思う。ただ、実際には運用者とすれば、いびつさを熟知していればうまく利用できるというメリットもあるということだ。いずれにしても我々はいびつなものを取引していると自覚をもって取引すれば良いと思う。
 
引き続き25日移動平均線や基準線、雲の上限=先行スパン1に上値を押さえられそうだ。29,500円を抜ければ一気に30,000円近くまで上昇ということもあるのだろうが、逆に上値の重さが嫌気されると75日移動平均線や雲の下限=先行スパン2の水準である28,000円台前半までの調整も..