サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

その他エリアの団体が書いたブログ一覧

広州の現状

久しぶりの更新になります。
湖北省武漢市周辺が発生源とされる新型コロナウイルスの影響で、現在我々GBCも残念ながら休部状態が続いております。

春節間近の1月23日に武漢市が、その後その周辺地域が次々と封鎖され、今年の春節はここ広州市の街中からも人影が消えました。通常春節前はスーパーでの買い物もひと苦労するものですが、今年は所謂「買占め」に走る人が多く、春節休暇が始まってからの数日はスーパーから完全に食料品が消えました。広州市は街が封鎖されることはありませんでしたが、各住居エリアでの住人の出入りと部外者の出入禁止などの管理や、住居エリア・ショッピングエリア・公共施設の出入り口での検温も徹底されておりました。不要不急の外出は基本的に禁止でしたので、休暇中をほぼ自宅で過ごした人が殆どだったのではと思われます。
政府の指示により当初の予定よりも長い春節休暇となり、在宅勤務での業務再開をした企業も多かったようです。現在も学校関係は休校状態で、予定では3月末までインターネットを利用した授業を実施していくそうです。そのため、いつもは通勤者や学生達、広州への旅行者達でごった返している地下街も、今現在でもラッシュ時間で写真のような状態です。

徹底した管理の成果が出ているようで、ここ数日間は政府発表の新規感染者が激減しています。今は日本を始めとするアジ..

コロナウイルス対応について

2月27日、政府が「春休みまで小中高の休校」と初めてコロナウイルスの対応策を具体的に出したので、私も地球を愛する全国の皆さんの対応策をここに示しておきます。

(北海道が感染者が多い原因分析1)
まず、2月27日現在の地域別感染者をみると、マスコミが騒ぐほど一県5名以下の地域は気にしていないと思いますが、北海道の感染者の数が多いので調べてみました。


北海道の面積は、9県から14県の広さがありますので、単純に1県あたりに割ると大した数字ではありません。

でもなぜここまで北海道の数が多いかというと、北海道の旅行者数は毎年、半端ないほど増えているからです。(2010年対比で約2倍の観光客)さらにリピーター増。
美味しい空気と水、食べ物が一年中、揃っているからでしょう(^^)

さらに、北海道内の地域別感染者数を調べてみると、(検査中も含む)多い場所は、全て観光地であり、冬の時期はスキー客が集まる場所や、美味しいものが漁れる場所に観光客は集まっています。

札幌・石狩近郊 10名
渡島檜山地区 9名
上川地区  10名
胆振日高地区 4名
根室釧路地区 10名

※同時に、北海道からアジアへ直行便も増えていますので、北海道から中国へ行く日本人も増えています。


(北海道が多い原因分析2)
実は、冬の北海道と本州の大きな違いは、沖縄と比べるとわかりますが、..

オアシスハウスにて(^^)

うがみんしょーらん。
奄美大島より惠です。

先日、新宿オアシスハウスで上映があった白鳥哲監督の『リーディング』と、その映画の主人公の透視霊能者エドガーケイシーがリーディングで残した食事療法&脊柱オイルマッサージの講習会へ伺いました。

講習会ではケイシーが残した40年分14,306件の病気治療記録の基本を手解きいただきました。自宅で家族やパートナーができる手当て、そこには祈りが入るので効果的面‼︎ の様です!
自分に出来ることの可能性を広げることができました(o^^o)

なので、すでに映画を見た方もいらっしゃると思いますが、是非、現役でケイシー療法をたくさんの方に施しておられる遠藤聡哲講師の講習をお勧めしたくつぷやきました!毎月1度オアシスハウスでやってます。

他にも、超重曹やヘナ・気功体操など、自然の恵みやエネルギー循環を学べる企画もあり、それが居心地のいいオアシスハウスで学べて最高です!
こんな機会を設けてくださる初野さんにも感謝です(^^)

どれもとても勉強になりますので、是非皆さんも時間を見つけて、ではなく、時間を作って足を運んでみてください!

世界宇宙を愛し活動する皆さんと、皆さんの大切な方が健康であることを祈ってます♡

土地祈りと神社つなぎ

1月29日、北海道小樽市に古民家と土地を購入した知人に頼まれて、「土地祈り、神社つなぎ」を行いましたので、皆様のためにご報告します。


土地や家を購入した、もしくは、譲り受けた場合、正式に、氏神様と土地神様に祈りをすることで神々の守りが入ります。

私が祈ると神の思いをご本人に伝えることができますので、神の思いを大事にする人なら必ず、神様のサポートが入ります。

驚いたのは、祈った神社の地続きにある大きな土地と古い家は、300坪!

家の中をどういう配置にするかもアドバイスしましたので、これからたくさんの人が集まってくれる場所になることでしょう。

私に土地祈りを頼んだ男は、ニューヨーク在住のJAZZピアニスト野瀬栄進さんです。(小樽出身)
http://www.eishinnose.com/

20歳で渡米し、20年以上、ニューヨークのプロのJAZZ演奏者に認められて演奏している男です。
近年、日本で全国コンサートをすることが増えたため、知人から古民家を安く譲り受け、どう活用するかを悩んでいたために私に依頼がありました。

彼も自分のブログで「古民家再生プロジェクト」として報告してますが、どうも、周りの人たちが見えない世界に理解がないため、祈りのことは書いていません。(^^)
http://blog.livedoor.jp/acnose/

野瀬栄進さんとは5年ほど前にコンサートで初めて会い、知..