サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

その他エリアの文化&ボランティア団体が書いた2018年11月のブログ一覧

宇宙の果てからやって来るものがいる。
その使いの者に従えば、おのずの道も開け、この地球の未来も開かれるであろう。

その者を訪ねるものは、こう答えよ!

神の名を伝えよ!
神の名を述べよ!
神の名を降ろせよ!

その者だけが、その思いを受け取る事ができる。

そして、受け取った者はその力を持って、この地球を、そして、宇宙全体を新たなコントロールの役目をすることになる。

使命を与えるとは、生まれ持った魂の役目とは別に、このひと時の時間をおいて新たな役目に変わること。

その意味をもって、新しい役目を授かることの時間でもある。

その意味が分かるものは、受け取ったもの全てに対して「イエス」以外の言葉はなく、魂の約束を超える大きな神との契約である。

その思いの時間、そのひと時をこの一瞬に合わせ、心祈り仕えるもの、また、神に仕えるもの、また、人に真っ直ぐ心を向ける素直な思いを持つ者、その者たちへ告ぐ。

心の中にいる神を解き放ちたまえ!
心の中にいる神を解き放ちたまえ!

おのずの神などおらぬ!
己の神などおらぬ!

己、つまり、そなたたちの思いひとつ!

そのひとつの力によって、この地球は育まれ、宇宙もその創造のひとつを担っている。

しかしながら、お前たちにはひとつひとつ、その分霊として創造力を授けたが、いかにしても、おのずの「己..

・・・・「夏」にちなんだ絵本閲覧会ブックリスト・・・・
□『おっきょちゃんとかっぱ』文/長谷川摂子  絵/降矢奈々 (福音館書店)
□『10ぴきのかえるのたなばたまつり』作/間所ひさこ 絵/仲川道子 (PHP研究所)
□『ほしにおねがい』 作/武鹿悦子 絵/新野めぐみ (教育画劇)
□『はんぶんちょうだい』文/山下明生 絵/長新太 小学館
□『そらまめくんのはらっぱあそび―なつのいちにち―』作/なかやみわ  (小学館)
□『すいかのたね』作・絵/ さとう わきこ( 福音館書店)
□『うみへいくピン・ポン・バス』作/竹下文子 絵/鈴木まもる(偕成社)
□『はちうえはぼくにまかせて』作/ジーン・ジオン  絵/マーガレット・ブロイ・グレアム
訳/もりひさし  (ペンギン社)
□『クルミの森のニホンリス』写真/福田幸広 文/ゆうきえつこ (小学館)
□『めがねうさぎの うみぼうずがでる!!』作・絵 /せなけいこ (ポプラ社)
□『ふしぎなウリどろぼう』 絵/おおただいはち 文/つるみまさお (国土社)
□『よるです』作・絵/ザ・キャビンカンパニー( 偕成社)
□『ウェズレーの国』作/ポール・フライシュマン 絵/ケビン・ホークス 訳/千葉 茂樹 (あすなろ書房)
□『しましまのティーシャツをきてみたら』作・絵/土屋 富士夫 (PHP研究所 )
□『いわしくん』作・絵/菅原 た..

安らぎと思える時間をもっと取って下さいませ。

安らぎと思える時間は、すべての音が無くなる「虚空」の世界に入る事なのです。

テレビを消して、心をしずめて、呼吸をゆっくりにしながら、少しずつ、少しずつ、自分の意識の世界に、入っていく時間を作って下さいませ。

一日に一度でよいので、その時間を取る事は、あなたが本来、この地球に生まれ意味と繋がりを持つ為の、大切な時間でございます。

眠ることが出来ない程、心の思いに苛まれ、人の思いに苦しんでいるのなら、余計に静かな静かな「虚空」の世界に入って下さいませ。

何も音がしない世界をご存知でしょうか?

皆さんの五感で聴いている「音」は耳で聴いている様ですが、実はそうではなく、
心でそして、魂で音を聴いているのでございます。


魂の繋がりには、特に「音」はございません。

「虚空」の世界に入った瞬間、すべての存在と同時に繋がるからこそ、
自分が自分を探す事さえ、出来なくなる程、
大きな、大きな世界に吸い込まれて行く様な感じでございます。


外に意識を向ける事で、空に・宇宙に・海の中に・真っ暗な闇の中に、
その「虚空」の安心感を得る事が、もし出来るのなら、あなたは本当にこの「動」の世界、つまり「静」ではない、「動」の世界において、
自分がするべき事を、きっと気付く事でしょう。


「聖な..