サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

関東エリアの団体が書いたブログ一覧

東方紺珠伝について

初めましての人は初めまして、そうでない人はこんにちは、神崎ますこです
どこにでもいる紺珠伝、紅魔郷、星蓮船のLNN(N)FSシューターです

さて、東方紺珠伝についてということですが2015年夏の発売からはや3年......
はやいですね?
難易度が狂っていると当時から言われていましたが、今やLNBは珍しいものではなくなりLNN達成者もいますからね

ご存知ない方のために説明しておくと、東方原作のゲームにはEasy, Normal, Hard, Lunaticの4つの難易度があり、1番難しいLunaticを救済アイテムである「ボム」を使わずにクリアすることをLNBと言い、さらにボムを使わないことに加えて「ミス」をしないことをLNNと言います(ノーミスノーボムの略ですね)
LNNでは30分以上に渡り、自分の実力だけで難しいコースを抜けていく大変難しいゲームとなりまして、紺珠伝に関しましては世界でも10人前後しか達成者がいないものです
要約すると、LNBは難しい、LNNはめっちゃ難しいということです

なぜ原作の中で最も難しいとされる紺珠伝でLNNを目指したか......
それは一重にグレイズシステムの存在だと言えます
私、大のグレイズ好き人間でして、初めて東方をやった作品である紅魔郷でもグレイズを稼いでいました
それで紺珠伝が新作として出たとき、グレイズアイテムが出るときの「パチパチ」の音に感動したんですよ
密集した弾幕..