サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

関東エリアの団体が書いたブログ一覧

2019年4月19日(金)の昼過ぎに池袋で高齢者の運転する車が事故を起こし、
母子2人が死亡、8人が重軽傷を負いました。

本日4月24日に妻と3歳の子を亡くした遺族が記者会見を開き、
「最愛の妻と娘を突然失い、ただただ涙することしかできず絶望しています。寿命が尽きるまで一緒にいると信じていましたが、たった一瞬で未来が奪われました。この悔しさはどれだけ時間が経っても消えません」
と悲痛な思いを語りました。

この事故は単発の事故ではなく、1車両が多重に事故を起こしています。
①縁石にホイールを接触させ、
②その先の横断歩道の自転車の男性をはね、
③そのまま走行して別の横断歩道の母子乗車の自転車をはね、
④更に信号無視をしてごみ収集車に衝突し、
⑤弾みで回転しながら歩行者4人をはねました。
距離としては150mです。

運転者には予見義務と回避義務があり、救護義務があります。
しかし、加害者はこれらの義務を果たしていません。

私はアイスバーンの下り坂で止まり切れずに前方の車に接触したことがあります。
スピードは出ていなかったのでバンパーが凹んだだけで済みました。

前方の車のブレーキランプが点き、自分もブレーキを踏みますが効きません。
思い切りブレーキを踏み、ABSも働きましたが止まりませんでした。
ほんの数秒ですが、その数秒のことは今でも明確に覚えています..

【4月21日(日)】2年生春季渋谷区民大会(予選)

正躰です。

やっと清々しい気温、穏やかな春本番です。
2年生大会出場全選手が集まって今年度春季区民大会開会式があり、予選がスタートしました。

前年度1年生大会では、予想を上まわる大勢の選手のエントリーで前半、後半の半分ずつの出場の機会しかもらえず、選手は「もっとやりたーい!」という意見が多くありました。そんなことをうけ、今回AチームとBチームの2チームの編成で出場しました。
両チームとも全試合通して全員ががんばっていたと思います。印象的だったのが、両チームとも得点の差が開いた試合でも最後まであきらめずディフェンスをしたり、ゴールを狙う攻めの姿勢があったことで生まれた得点!この1点は次の成長につながる1点なんではないでしょうか。(0と1ではこの1の重みは何倍も価値のある1です)チーム、個の実力の差があっても得点ができるという確信です。
決勝トーナメントへの出場は叶わなかったけど下位リーグ戦ではどんな相手がきても、コーチはまた美竹選手全員の力が発揮できると信じています。
遅い時間まで応援してくださった保護者の方々ありがとうございました。

【結果】
出場参加メンバー 2年生14名
試合形式 6人制 10分ハーフ

☆Aチーム
第1試合 対千駄ヶ谷 B  0-5
第2試合 対セントラルA  0-5
第3試合 対トリプレッタC 1-7

得点者カコ1

☆Bチーム
第1..