サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

関東エリアの音楽団体が書いたブログ一覧

ホームでの再始動!

新型コロナウイルス感染拡大防止のために
3/28に予定していました第13回定期演奏会を中止して以降、
毎週土曜日の練習の方も、実施を見合わせてきました。

6月に入り、緊急事態宣言が解除されてからは、
感染防止対策を十分取った上での練習再開を模索し、
6月中旬から、人数を絞っての練習を再開しました。

そして今日からは待ちに待った、私達のホーム・白幡地区センターでの練習再開!

私達は、以下のような感染防止対策を行いながら活動を再開します。
・練習前に全員検温、手をアルコール消毒
・演奏者間は極力2mの距離を取る(それが可能な人数まで参加者を限定)
・演奏者および指揮者は、演奏中フェイスガードを着用
・1時間ごとに5分間、練習場を換気
・全員に毎回唾受けを配布、練習後に回収し廃棄
・練習後に使用した椅子・机などを消毒

様々な機関から発表された研究成果やレポートをもとに、
私達の取り得る、最大限の感染防止対策を施した上で、活動を再開していきます。

まずは10/4に開催を予定している、
英国式ブラスバンドによる東日本大震災復興支援チャリティコンサート、
Brass for Japan 2020 〜横浜から元気を〜
に向けての準備を進めていきます。
参加者募集は8月末まで。詳しくは以下のURLをご参照ください。

https://brass4japan.localinfo.jp/

活動再開!

ブリモニはいよいよ本日、国・県・市の手引きやガイドライン、および、内外のオーケストラが発信している実験データを参考に、独自のブリモニ活動マニュアルを策定し、これに従って活動を再開いたしました。
内容にご興味のある方は、告知情報ページをご参照ください。

さて、3月1日に最後の練習を行って以来、およそ3ヶ月半ぶりにいつもの練習場である相模湖公民館に来ると、公民館側でもいろいろな追加ルールができており、「面倒くさい世の中になったものですねぇ」と互いにマスク越しに苦笑

まず、部屋の換気を行って、消毒用のエタノールとアルコール除菌タイプのウェットティッシュを準備。

次に、一番厄介な問題と考えていた配置の検討。
奏者と奏者の距離を2m離すのが推奨されていますが、方眼状に離すと面積がもったいないので、奏者を正三角形になるように配置したとき、メンバーの数は最大となります。
つまり全体的にはハニカム構造のようになるわけですが、画像を観てもわかる通り、2mという距離は思っていたより相当遠いw

この画像では椅子が7個見えていますが、この規則性で椅子を並べたら、この部屋でも最大20脚くらいが限界かも。
ホールのステージにしても、30脚くらいでしょうか。
この先、せめて1.5mはOKとか、ゆくゆくは1mはOKとか、ルールを緩和していかないと厳しいでしょうね。

上の画像..