サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

関東エリアの音楽団体が書いたブログ一覧

平均律と純正調

この違い知っていますか?
音階を吹く時に何に合わせて吹いていますか?
簡単に言うと、平均律はピッチが均等な音階。ピアノの調整はこれですね。
純正調はハーモニーとしての音階。
ピアノで和音を弾くと僅かな濁りが聞こえます。これを美しく聞こえるようにするには、三和音なら三音を少し低くとる必要があります。
この純正調のハーモニー、理解・努力・経験が必要かと思います。感覚だけでは日本人には難しい…。

紙谷先生の著書の中に❝音程のセンスの問題❞というページがあります。
『長い間、日本人が親しんできた音楽は、ドレミファの西欧の音楽ではありませんでした。石造りの残響豊かな建物で生活してきた西欧の人々は、残響の美しさから生まれた和音とドレミファによる音楽を楽しむセンスを持っています。私達日本人は、残響に関心が薄いこともありますが、ドレミファとは異なる音階の音楽センスを持っているので、西欧風の正しいドレミファ音階を自分のものにするのは大変難しいことのようです。』

大変難しいからと言って諦めていては、西欧の音楽をやる意味はありません。
幸い団には、榊原氏寄贈のハーモニーディレクターがあります。大いに活用して純正調を理解し身につけていきましょう。

満員御礼!!

12/7(土)に微熱’s "Classia&Variation"Live at 銀座TACT
が、無事に開催され、総勢67名のお客様にご来場いただきました。
お足元の悪い中ご来場いただき、誠にありがとうございました!
メンバー 一同感謝しております。
また、今回のライブを開催するにあたりご協力してくださった3名のスタッフ方、私達と一緒に共演してくださった3名のゲストの方など、たくさんの関係者様がいてこそのステージでした。
本当にありがとうございました!

今回のライブは、対バンがいない、微熱’sのみのライブでしたが、みなさまお楽しみいただけたでしょうか?😄
第1部、第2部、第3部と3つに分けてお送りし、第2部ではゲストコーナーと題して、3名のゲストと一緒に演奏したり、何曲か新曲を披露したりと、今までの微熱’sとはひと味違ったライブになったかと思います。




そして、毎年1月に川島家でメンバーが集まって新年会(反省会)をやっているのですが、そこでライブの映像を見ながら、よかったところ改善すべきところなどをお酒を飲み、ゴンさんの絶品料理を食べながら話し合っています。今年もどんな内容になったか、ブログにてお伝えしようと思っています🙌

また、一昨年からライブ映像を撮ってYouTubeに投稿しているのですが、3名のスタッフの方にご協力いただき、今年もライブの模様を撮っていただきました!!
YouTubeに投..