サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

近畿エリアの団体が書いたブログ一覧

秋の七草  フジバカマ編

秋の七草  フジバカマ編

はぎおばな くずなでしこに おみなえし
 萩 尾花  葛 撫子    女郎花
 またふじばかま あさがおのはな
   藤袴    朝顔(桔梗)


万葉の昔から日本人に親しまれてきた淡い紫紅色の小さな花をつける野草です。

【フジバカマ】

 かつては日本各地の河原などに群生していたそうですが、今は数を減らし、環境省のレッドリストでは準絶滅危惧(NT)種に指定されています。

田舎育ちの私も この花を見た記憶がありません。

むかし、伊吹山に登ったとき、フジバカマの仲間のヨツバヒヨドリの群生を見たことがあります。
【ヨツバヒヨドリ】

この蝶はアサギマダラと言って、半透明の優雅な蝶です。中学の頃、アケビを採りに行って、この蝶を見た時は感激しました。

それから30年後・・・伊吹山の高山植物を観察に行った時、頂上付近でアサギマダラの群生を見ました。一本の花に何十匹ものアサギマダラが乱舞していたのです。もう一度、あの光景を見たいが体力が無くなった。

 フジバカマの本種ではありませんが・・・フジバカマと呼ばれている園芸種があるということでホームセンターの園芸コーナをくまなく探したが見つけることができませんでした。残念・・・

 これで七草の内、6種紹介しました・・・・あと一つ

要望書には間に合いませんでしたが
声の多かった
おやつ持ち帰りについて
担当課長に確認しました。


保護者や支援員からも
いろいろな声が出ているようですが
結論としては
おやつ持ち帰りはなしでスタート。です。


おやつについては
国の基準でも記載があるように
学童保育での生活で必要なものという認識は
私たち市連協とも一致しており、

むしろそうだからこそ、
奈良市が保育料と同じようにおやつ代を
集めようとしてくれているようです。

おやつ代の延滞について、
それを督促をするような負担を
保護者にこれ以上かけられない、
というのも大きいそうです。



おやつ持ち帰りをするかしないか
各バンビーに委ねるのが
1番揉めないのではないか、
主任先生の采配でいいのではないか、とか

おやつ代はどこも毎月
子どものために使いきるのだから
持ち帰りするかしないかで
バンビーごとの不公平は出ないのでは?とか

結構持ち帰りを推したのですが、、


やはり奈良市の事業なので
持ち帰りするならする、
しないならしないに統一すべきであり

するのならばどうやってするのかの方法まで
担当課から指示をする責任がある、

今は持ち帰りなしで統一する。と

担当課長からは強い思いを感じました。


ただ同時に、
持ち帰りしないことに
固執するつもりもあり..

【2019年10月14日 練習@文化ホール練習場】

こんばんは!ただいま仕事帰り真っ最中のTbのHです!足が!寒いです!!風が🌬吹き荒れてます🍂皆様風邪等ひいてませんか??🥶🥶

今日の練習のメインは2つ! 
1つめは六甲アイランド・ハロウィンフェスティバル🎃に向けて!

毎年サマーイブニング・カーニバル💃に出演していましたが、今年はハロウィン🎃の方に出演させていただきます!
私も気合い入れて仮装しますよー!
10/27は是非六アイへ!


そしてメインその2は定演に向けての『sea of wisdom』『青春の輝き』の初見合奏!
初見合奏はほんとに端的に難しい!!!リズム!!音程!!!
お聞かせできるレベルになるには時間がかかりそうです…


そして!
本日は嬉しいことにt.saxにTくんが入団を決めてくれました!「湊」を選んだこと、絶対後悔させませんよ!一緒に楽しくやっていきましょうね(^^)



湊ではどのパートも随時募集&見学受付をしています( ✌︎'ω')✌︎
特にホルン!ホルンは現在2名しかおらず、大大大大大募集です!
是非是非お気軽にお問い合わせくださいませー!

以上TbのHでした!
暖かくしておやすみなさい!🌙 #吹奏楽 #楽団#楽器#神戸#六アイ#吹奏楽団#吹奏楽団湊#ハロウィン#晩夏#寒い#冬の始まり#服装の正解がわからない#夏にもどれ#切実

13日は関西学生リーグ戦に母校の応援に行って参りました。

2部昇格に向け落とせない一戦に、私の2学年下の後輩達も応援に駆け付けてくれました。
後輩がインサイド使わないですねと呟く。
実は私も2年前にはそんな思いを抱いていた。
ペリメーターのタフショットよりノーマークの3Pを狙わせる戦術がようやく理解出来だしたし、見てて楽しくさえ思えて来た。

我々が大学1回生から3Pルールが始まった。
当時の3Pはアーリーで撃つ事は少なく、インサイドアウトからのフリーでのセレクションが多かった様に思います。
そしてルールもどんどん変わりアップテンポな展開のバスケットボールになりました。

今日はU12の県リーグ戦。
U12では3Pは有りませんが子供達の創造力は仲々素晴らしく
ロングシュートも狙います。
昔の私ならwhy?でしたが、少し感覚が変わってきた。
フリーのショットならOKか?何故ならショットが決まるのです。
結果オーライと捉えるのか、
そこからでも決めれるのかとの判断です。

子供達の創造力は奪いたく無い。
アウトサイドのフリーはショットを撃たそう。
ひょっとしたらU12でも近い内に3Pが採用されるかもしれない。

進化し続けるこのスポーツ、ネイスミス博士注1は偉大なり。

Coach TK



注1:ネイスミス博士
 ジェームス・ネイスミス(James Na..