サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

中国エリアの音楽団体が書いたブログ一覧

日時 8/7(日)09:00~13:00
場所 中央公民館 工芸室
  
参加者 Vn2人
    Va2人
    Vc2人

練習した曲
 
(定番)
 IDreamed a Dream
  愛の挨拶
 世界の約束~人生のメリーゴーランド
 ラルゴ(ヘンデル)
 
(初見)
 私のお気に入り
 美女と野獣
 カヴァレリア・ルスティカーナ

8月の練習はこの日だけ!・・・ということで
うだるような暑さの中汗びっしょりでやってくるメンバーさんたち
クーラーのきいた公民館でまずは自主練タイムです

今回は私を含めよそでも演奏する人が揃ったので
もくもくと・・・それはそれは熱心に練習する姿が・・・
夏休み最終日の図書館のような集中力でした

あまりにも自主練にはげみすぎてタッシェの存在を忘れそうになったので
あわてて合奏タイムに突入~
 
まずは大さんが持ってきてくれた楽譜で初見大会となりました
う~~ん いいかんじ!
このまま発表会をしてもよさそうな出来栄えです

…でお次は定番曲
世界~メリーゴーランドのテンポがかわるところは
Vaさんがあおるのでついてきてね♪とのことでした

お休み中の皆さん 
41小節のアウフタクトはVaさんガン見ですよ~

休憩もそこそこにまたまた自主練の世界へ逆戻り~
もう夏休みの宿題は終わったのかな?
今度はあちらこちらで他のメン..

参加者 バイオリン4名 ビオラ5名 チェロ4名 コンバス3名 計16名
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
午前中の基礎技術勉強会の参加者はいつになく少なく4名でした。
主にボーイングとマルテレスタッカートの練習をしました。
打点 右手のコントロール 音程に気を付けはっきりとした音を出すとても勉強になる練習でした。

練習後のランチタイムはいろんな話ができて 楽しい一時です。

午後の練習も今日はどしたことか参加者が少なく 11名で始まりました。
合宿の成果を.......と期待していたのですが。
仕事や行事で都合がつかなかった方が多かったのでしょうかね
(はたまた 合宿の疲れが今になって出てる方もいらっしゃるかも(笑)

少人数ということもあり小品を中心の練習で 演奏上の細かい注意や奏法を
じっくり指導していただきました。

休憩をはさんでアイネクをやりました。
三楽章 MENUETTOは 貴族が踊っているイメージで優雅に弾きましょう という
飯島先生からのご指示です。
詰まった音にならない様 美しい音色で........
イメージってとても大切な事ですね。

今日はうれしいことがありました。出産 育児で休団されていたビオラパートの方が3年ぶりに復帰されました。 上のお嬢さんといっしょに来てくれました。ママの演奏はどでしたか?

7..

2016 AKI弦合宿

6月11日午前9時から12日正午まで、呉市安浦町にある保養施設グリーンピアせとうちで、合宿を行いました。

1日目は午前10時から合奏。
まずはト長調の音階を使って弓をスムーズに動かす練習、その後、練習曲と基礎練習を行った後にサマーコンサートの曲へ、、、
小品から練習しました。
お昼を挟んで、午後からはヘンデルの合奏協奏曲、モーツァルトのアイネ・クライネ・ナハト・ムジークをやりました。
飯島さんによると全体的にイイ感じ♪だそうです。
もっとも、昨年も合宿の時はイイ感じだったのが、次の練習の時には元に戻ってたそうですが、、、(笑)

豪華な夕食の後、露天風呂もある大浴場でお風呂。
そして、午後7時半からお楽しみの?宴会です。
みんなでビールを飲んだり、お菓子をつまみながら、それぞれが出し物を披露しました。
ソロあり、重奏あり、リコーダーあり?
午後10時過ぎにお開きとなり、その後は希望者が部屋に集まって二次会が行われた様です、、、

2日目は午前9時半から合奏。
指揮者の飯島さんが所用でお休みなので、コンサートマスターの宅見さんの指導で、各曲の難しいところをピックアップして練習しました。
正午に終了して解散しました(ハズ)。
病気や事故もなく、楽しく練習出来ました♪

(文責 三宅)

AKI弦の練習風景①

♪4月23日練習
----------------
シャル・ウィ・ダンス
シェルブールの雨傘
スターウォーズ
アイネク3・4楽章
----------------
AKI弦楽合奏団の練習風景(? 休息風景)です。皆さん楽しそうですね。
AKI弦では、練習のみでなく休息時間はコーヒーや持ち寄りのお菓子を食べて、
音楽について熱い論議(世間話かも)をします。他の楽団にはない雰囲気です。

基本的には、14:00から17:00までは全員参加の合奏練習を行いますが、
午前中は「基礎技術勉強会」というものを開催しており、参加は自由です。
初めはヴァイオリンのメンバーで始めたのですが、現在ではヴィオラ・チェロのメンバーも参加するようになってきました。  
その会では、音楽について幅広く理論を学び、音をだして確認することを続けています。
音程やリズム等改善されない状況が続いておりますので、この会を立ち上げた訳です。
例えば、その音程が間違っているよと指摘しても、
正しい音程がどのようにとれば良いのかが解らない限り、いくら練習しても間違った音程のまま練習をすることになります。
ですので、10年・20年・30年演奏を続けても、間違った音程でずっと練習していますので、永久に音程はとれません。
少しでも改善し、素敵な音楽ができ、コンサートで聞きに来てくださった方が感激し..