サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

中国エリアの文化&ボランティア団体が書いた2019年9月のブログ一覧

FB9/26「僕らが生まれる7日間の舟歌(バルカロール)」遊ぶように届けるメッセージ

さえきキッズからも5名が参加した瀬戸内国際芸術祭での音楽劇の模様が紹介されています。
ぜひ読んでみて下さい。
-----
https://naoshimacolors.com/diary/1679/?fbclid=IwAR0EtdHNNYRG4cTmaXw_ND2kM645_nRhuNHfygLESaBZtOYVKRZGukElgtE

以下全文を記載----
「僕らが生まれる7日間の舟歌(バルカロール)」遊ぶように届けるメッセージ

今年、直島町では瀬戸内国際芸術祭の会場の一つとして、様々なイベントや展示が行われています。中でも、島の子供たちが参加した夏の音楽劇は、子供たちにとって素晴らしい経験になりました。そんな直島の未来を作るとても貴重な作品となった「僕らが生まれる7日間の舟歌(バルカロール)」をご紹介します!


作品の概要

瀬戸内国際芸術祭夏会期の作品の一つとして、演出・越智良枝の「僕らが生まれる7日間の舟歌(バルカロール)」(2019年8月10~11日、八幡神社/香川県直島町)が瀬戸内の子供たちをキャストに上演された。公演は前半に観客参加型の神社参道ツアー、後半に境内での音楽劇という2部構成。
作品の内容は明示されていないが、私は本作品を瀬戸内を通して発せられる生の強さと尊さを伝えるメッセージだと受け取った。


制作過程

制作は今年の春、島の公民館の一室で始まった。集まったキャストは直島から10名、広島から5名、合計15名の子供たち。そのほとん..