サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

その他エリアのサッカー&フットサル団体が書いたブログ一覧

今シーズンもここまで無敗のSSB。
本日は若手が多い強敵ゲッツさんとの対戦です。
けが人続出中でメンバーも13名とぎりぎりです。

1本目:
GK梶谷、CB山ちゃん&奥本さん、SB庄司さん&上村さん、DMFダーチャン&タカ、OMF武田、WG宮尾&白鳥、CF社長の11名で挑みます。

立ち上がりから相手の前からのプレスに押し込まれるSSB。若さと速さを備えた相手の攻撃を紙一重の部分で必死で防ぎます。攻撃は相手のプレスでうまく中盤にボールが収まらず、良い形を作れません。

そんな中、右サイドを突破されデルピエロゾーンから見事な弾丸シュートをサイドネットに突き刺され失点します。今シーズン初めて先制点を奪われてしまいます。

2本目:
CBに希望、SBに前田さんを投入し挽回を図ります。
しかし2本目も1本目同様相手の前からのプレスによって、うまく攻撃を組み立てることができず、なにもできないまま終了します。

3本目:
徐々に相手のプレスにも慣れてきたSSB。相手の疲れもあり、少しずつボールが中盤に収まり始めましたが得点には至らず、1-0のまま4本目へ。

4本目:
立ち上がりから積極的に攻めるSSB。宮尾がうまく抜け出しようやく同点ゴールを奪います。しかし、その後相手にFK後の混戦から追加点を奪われ2-1。その後再度得点を狙いにまえがかりになったところをカウンターで抜け出されさらに失点..

連勝街道まっしぐらのSSB。

本日の対戦相手は串聯さんです。
奥本さんがアップダウンを経て以前と変わらぬ姿で、友人の上村さんと共に久しぶりに復帰。総勢16名と程よく集まりました。

1本目:
GK梶谷、CB山ちゃん&塚さん、SB庄司さん&たろうさん、DMFダーチャン&タカ、OMF武田、WG白鳥&奥野、CF社長といつものメンバーで開始します。開始直後からボールを支配し、ゲームを優位に勧めるSSB。しかし、引いた相手の守備をなかなか崩せずゴールを奪えません。

両サイドバックも高めの位置を取り、サイドに活路を見出すべくゲームを組み立てていきます。そんな中、ダーチャンからオーバーラップした太郎さんに見事なロングボールが通ります。これを太郎さんがシュート!相手キーパーがはじいたところに奥野が詰め、ようやく先制点を奪います。

2本目:
CBに奥本さん、SBに前田さん、WGに宮尾とケンタを投入し追加点を狙います。しかし、1本目に引き続き守りを固める相手になかなかチャンスが作れず攻めあぐねます。逆にセットプレーから相手にチャンスを作られ始めます。しかし、相変わらず安定感抜群のSSBDF陣がしのぎ切り得点を許しません。ゲームを支配するものの追加点を奪えない嫌なムードが漂い始めたころ、武田&宮尾のワンツーでPKをゲット。これを武田が冷静に流し込み、2-0とします。

3本目:
ゲームを..

開幕から2連勝と勢いにのるSSB。
今節の相手は毎年苦戦しているWOMENさんです。
怪我人などもあり12名のギリギリの参加人数でした。

1本目:
GK梶谷、CB山ちゃん&塚さん、SBたろうさん&庄司さん、DMFダーチャン&タカ、OMF武田、WG白鳥&宮尾、CF社長のいつもの11名で挑みます。人数が少ないため、なるべくDFラインでボールをまわし時間をかけながらチャンスをうかがうSSB。特に危ない場面も無く、徐々にゲームを支配していきます。そんな中、宮尾が武田とワンツーで抜け出し、中に入ってきた白鳥にラストパス。これを白鳥がきれいに決めて先制します。

2本目:
CFにケンタを配置してスタート。相手のキックオフシュートであわやという場面もありつつ、引き続きゲームを支配するSSB。攻めはするものの中々追加点が奪えません。そんな中、たろうさんのオーバーラップから宮尾へボールを預けます。これを宮尾が冷静に武田に落とし、武田が豪快にシュート。これがネットに突き刺さり2-0。(WG宮尾が本日2アシスト目)

3本目:
当初の予定通り、新システムを試します。
慣れ親しんだ4-3-3から、武田と宮尾を横に並べた4-4-2(BOX)を試します。しかし、WGを外したことにより相手サイドへのプレスが甘くなり、ゲームを支配できず相手に攻め込まれる展開に。それでもDF陣が踏ん張り無失点で切り抜けます。攻め込まれる展開..

ZOOリーグ2016【1st第2節:ナンカツ戦】

初戦を良い形で勝てたSSB。第2節の相手はナンカツさんです。
メンバーも15名が集まり連勝を目指します。

1本目:
GKは本日がラストゲームとなる新田、CBは本日がデビュー戦の大塚さん&山ちゃん、SBは庄司さん&奥野、DMFはダーチャン&やっさん、OMFは武田、WGは白鳥&ウッシー、CFは社長。以上の11名で挑みます。

立ち上がりから攻勢に出ようとディフェンスラインでボールを回しつつ好機を伺うSSB。しかし、どうしたのかこの日はディフェンスラインのパス回しがうまく行かず逆に相手に攻め込まれる展開が続きます。しかし、シュートまでいかせない守りで凌ぎ切り特に見せ場を作ることなく1本目終了。

2本目:
SBに前田さん、DMFに宮尾、WGにケンタ、CFにやっさんを配置し先制点を目指します。1本目同様足元がおぼつかず攻め込まれる展開が続きますが、徐々に右サイドの牛馬(奥野)コンビの連携が良くなり、彼らを中心に攻勢にでます。そんな中、右サイドで宮尾からのボールをスピードに乗って受けたウッシーが中にセンタリング!マイナスに上げたつもりのボールがGKの頭上を越えてそのままゴール。思わぬ形で先制点を奪います。

3本目:
本日ラストゲームの新田君を前線に上げ、追加点を目指します。相手のプレスにようやく慣れ始めてきたSSB。徐々に中盤を支配します。そんな中、コーナーの流れから絶好の位置でFK..

 遂に2016年度ZOOリーグ開幕戦です。去年までの万年Bクラスでのスタートと違い、チャンピオンとして初戦に挑みます。不安視されていたメンバーも蓋を開けてみれば15名とまずまずの人数がそろいました。

1本目:
 今年の開幕スタートメンバーは、GK梶谷、CB山ちゃん・やっさん、SB庄司さん・奥野、DMFダーチャン・タカ、OMF武田、WG白鳥・たろうさん、CF宮尾です。社長が居ない以外は、ほぼ昨年の優勝メンバーで挑みます。

 立ち上がりは初戦ということもあり動きがかたく押し込まれる展開に。しかし、そこは優勝メンバーのDF陣がシュートを打たせない守備でしっかりと守ります。徐々にいつもの動きを取り戻してきたSSB。CFに入った宮尾も社長からポジションを奪おうと張り切っていました。

 そんな中、CKのチャンスを迎えます。武田が低い弾道のボールを鋭く入れるとニアに走りこんだタカがつま先で合わせ先制!今シーズン初ゴールはまさかのタカが決めました!これで勢いづいたSSBは、引き続き猛攻を仕掛けます。右サイドからのセンタリングを武田が頭で合わせます。惜しくもポストに跳ね返ったボールをダーチャンが詰めゴール。SSBボランチコンビの覚醒かと思われましたが、これはオフサイドとの判定を受け幻となりました。しかしその後、武田が左サイドからFKのこぼれ球をセンタリング。白鳥が髪の毛で軌道を変え、や..