サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

その他エリアのサッカー&フットサル団体が書いたブログ一覧

ZOOリーグCS決勝戦!

CS初戦を辛くも勝利したSSB。
完全優勝に向けて、メンバーもいつもの16名が集まり、
意気揚々とグラウンドに向かいます。

1本目:
いつもどおりのメンバーで挑みます。GK梶谷、CBはやっさん&山ちゃん、SBは庄司さん&たろうさん、DMFはダーチャン&タカ、OMFは武田、WGは白鳥&うっしー、CFは社長。

立ち上がりから相手の猛攻を受け、劣勢に立たされるSSB。開始10分過ぎにエリア内でダーチャンが相手を倒してしまい痛恨のPK。これをきっちり決められ先制点を奪われてしまいます。

しかし、今年のSSBは何かが違う!先制点を奪われても特に慌てることも無く徐々に相手を押し込んみ、CKのチャンス。直接は合いませんでしたが、こぼれ球にやっさんが反応し冷静に押し込み1-1の同点とします。

2本目:
CBにギッシー、SBに前田さん、WGに宮尾、CFにナツを入れて勝ち越しを狙います。するとCSに入り本来の輝きを見せていたナツがこの日も、その卓越した才能を見せます。武田のスルーパスに抜け出し、右足で丁寧に押し込み2-1。見事に勝ち越し点を奪います。

3本目:
GKに新田くんを投入し、万全の逃げ切り体制を整えて挑みます。相手も同点弾を狙いに積極的に攻めてきます。すると相手のスルーパスからFWに抜け出され1対1の大ピンチ!これを新田君が見事にセーブして防ぎますが、その後のこぼれ球争いでまさかのハンドの..

前期2位、後期と総合で優勝し、勢いに乗るSSB。CSカップ戦も勢いそのままに行きたいところでしたが人数12人とまさかのギリ…。自信の持てないままにスタートした1本目。開始早々に中央を切り崩して社長から夏にPA左へパスが通るとそのまま夏がゴール右隅へゴール!開始30秒で先制。これで落ち着きは出たものの、試合は硬直。するとPA左で取られたFCをゲッツさんが直接ゴール!しっかり取り戻して来る。次のチャンスはSSB、2本目に夏がPAセンターでパスを受けると左を駆け上がる牛くんに。PA内でそのままGKとの一対一をしっかり決めて再度勝ち越す。3本目に入り再び膠着状態が続くも、次のチャンスもSSB。右サイドの崩しから宮尾くんがPAでフリーの夏に。これまた豪快に決めてゴール!2点差に。以降は人数不足で体力も落ちてゲッツさんが怒涛の攻撃。3本目終盤に右サイドを突破されて中央でこぼれ球を決められ3-2。さすがゲッツさん、簡単には勝たせてくれません。所々で決定機を作るも夏、社長のシュートもバーに。Wボランチはいつもの雄叫び。ラスト10分でリーグ得点王の武田も怪我をおして出場し、まさに死闘。山ちゃん、しょうじさんを中心としたDF陣とチクビGKのファインセーブで以降をシャットアウトしてタイムアップ。終盤に明日に向かって走り続けたタカの頭部負傷で最後は11人になりながらも何とか勝利しました。

ZOOリーグ後期第7節(vsインスタンツ戦)

遂に今年も最終節を迎えました。
最終節の相手はもちろん連覇中の最強チームINSTANS!!
勝てば総合優勝が決まる一戦です。

17名の参加者が集まり優勝に向けて気合入りまくりです。

1本目:
システムは変わらず4-3-3で挑みます。
GKは不安で胸が張り裂けそうな梶谷、CBは鉄壁コンビのやっさん&山ちゃん、SBは安定感抜群の庄司さん&10年前の優勝を知る唯一の男たろうさん、DMFはSSBのダイナモことダーチャン&前節でようやく初ゴールを決めたタカ、OMFは今季15得点とSSB創設以来初めての得点王武田、WGは切れ味抜群のドリブルで相手をなぎ倒す白鳥さん&スピードならだれにも負けないウッシー、CFはSSBの象徴と化した社長こと荒木さん。この11名で試合開始です。

10年ぶりの優勝が懸かった一戦&数年間無敗のチャンピオンが相手ということもあり、試合開始直後から全体的に浮足だっているSSB。持ち味の中盤を相手に狙われ中々ボールが収まりません。

GK梶谷のキックがいつも以上に安定感に欠けていたこともあり、徐々に相手に押し込まれ度々シュートチャンスを作られてしまいますが、ここはこれまでリーグ最少失点のディフェンス陣が身を挺して防ぎます。

両チーム決め手を欠き、0-0で1本目を終了します。

2本目:
GKを不安な性GK梶谷に変えて正GKの新田くん、CBは山ちゃんに変えて、期待のニューフェイスこと..

今期も残り2試合。奇跡的に首位に立つSSB。
今節の相手は昨年から苦手としている上海ゲッツさん。
メンバー不足が危ぶまれましたが、何とか14名が集まりました。

妻子を連れてきたタカも初得点を目指し意気込んでいます。

1本目:
システムはいつもの4-3-3です。
GK梶谷、CBやっさん&庄司さん、SBたろうさん&奥野くん、DMFダーチャン&タカ、OMF武田、WGうっしー&白鳥、CF社長の11名でスタートです。

立ち上がりから相手の若さあふれるプレスを必死でかわし、チャンスを伺います。そんな中、左サイドからFKのチャンス。武田がGKの手前に落ちるふわりとしたボールをけりこみます。それにダーチャンが反応しヘディングでコースを変えそのままゴール。あっさりと先制します。ところがその5分後、CKを見事に頭で合され同点に追いつかれます。

やはり一筋縄ではいかないゲッツ戦。両チーム1点ずつを奪い1本目終了。

2本目:
CBに希望、SBに前田さん、WGに宮尾くんを入れて勝ち越しを目指します。
1本目同様相手のプレスを躱しつつ攻め込むSSBでしたがなかなか決定機を掴めません。

そんな中、遂にこの男が魅せてくれました。武田が蹴ったCKのこぼれ球をダーチャンが合し、相手の手に当たり両チームともハンドを確信し全員の動きが止まったすきを見てタカがシュート。これがゴール右隅に決まりそのままゴールの判..

たまには得点ランキングでも発表しときます。
2015年はとにかく攻撃陣が爆発してましてチームの年間得点数が56点と、
驚異の攻撃力を誇っています。

で、だれがどのくらい取ってるのかを出しときます。

1位・・・武田(15点)
2位・・・白鳥(8点)
3位・・・うっしー、社長(6点)
4位・・・大谷(4点)
5位・・・ナオト(3点)
6位・・・ダーチャン、山ちゃん、ナツ(2点)
7位・・・やっさん、梅本、宮尾、小舟、国士舘(1点)

キングこと武田の爆発っぷりがすさまじいですね。
ZOOリーグの得点ランキングでも単独で首位につけてます!!

2位の白鳥氏もそのやさしさから、
ここ数試合は社長への接待で自らの得点を譲っていることを考えると、
ポテンシャルは武田と並ぶぐらいの得点力はあると思います。

3位争いはウッシーと社長の戦いとなっていますが、
接待のあるなしを考えると社長が一歩抜け出しそうな感じですね。
(ウッシーの連続得点記録も前節で止まってしまいました)

その他にも今年は多くのメンバーが得点をしているので、
1人を除いてはみなさん楽しめているのではないでしょうか。
(ボランチで出場時間の長い人です)

そんなこんなもあり、今年も残りあと2節となりました。
2連勝すれば年間優勝も見えるので、このまま突き進みましょう。

ではでは。