サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

東海エリアのサッカー&フットサル団体が書いたブログ一覧

2019年新生積志中サッカー部 新人戦結果

2019年7月、新生積志中サッカー部が始動した。2年生が中心のチームだが、1年生メンバーも抜擢されている。夏休み中ハードな練習や練習試合をこなし、8月24日前哨戦となるシード校決定戦が行われた。今回積志中はクジ運に恵まれず、シード校決定戦の一回戦は浜松北部中、2回戦は富塚中と、最初から結構な相手と相まみえることとなった。一回戦の浜松北部中は、3月まで顧問だった鈴木先生が率いており、こちらの手の内は知り尽くされているという事情もある。結果は以下の通り。惜しいところでシード権を逃してしまった。

シード校決定戦
1回戦;vs 浜松北部 0-0 PK4-3 ○
2回戦;vs 富塚 2-2 PK4-5 ×

9月28日に新人戦が始まったが、またしても積志はトーナメント表の難しい所に位置してしまった。シード校になれなかったので一回戦からあるのは致し方ないとしても、二回戦は開成館だし、同じ4分割ブロックには天竜中、浜松東部中を初めとする強豪が集結している。しかし強豪校と戦えるのは、選手達にとっては楽しみでもあるらしい。親達が肩を落とすのを尻目に、むしろ楽しみにしている様子が印象的だった。どこまで通用するか、試してみたいそうだ。素晴らしい!

一回戦は西高中等部だった。部員が少ないと聞き当初楽な試合を予想したが、実際には少数精鋭で守りが堅く苦戦した。自陣で守りを固める相手をどうしても崩..

3年生にとって最後の公式戦であったが、積志中サッカー部は残念ながら予選敗退した。
予選グループは、浜北北部中、湖東中、八幡中、積志中であった。上位2校が決勝へ上がることができる。今までの公式戦・非公式戦結果からは、浜北北部が頭一つ抜けている印象はあったが、4校ともそれなりの実力校であり、接戦が予想された。

予選初日、第一試合は浜北北部vs湖東で、2-0であった。浜北北部の勝利は順当に思われたが、湖東もかなり強いという印象を受けた。第二試合は八幡vs積志である。積志はこの1年間、公式戦・練習試合を通じ、八幡に対しては勝つことが多かった。そのためこのグループから抜け出すためには、何としても負けられない一戦であった。前半9分先制したのは積志で、これで勢いに乗れるかと思いきや、22分にPKを与えて追いつかれてしまう。その直後さらに追加点、そして25分には再びPKを取られ、悪夢のような5分間で、3-1と返されてしまった。しかし気持ちでは負けず、ロスタイムにコーナーから1点返し、3-2で折り返した。後半2分八幡のコーナーからさらに1点。2点差を追う積志は、ここから猛烈な反撃に転じ押しに押しまくったが、得点はならず時間切れになってしまった。

予選2日目、第一試合は浜北北部vs八幡であった。試合前、浜北北部と八幡の間には少し差があるのではないかと、多くの人が考えていたと思う。..