サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

東海エリアのサッカー&フットサル団体が書いたブログ一覧

 今日は、試合を見ていて楽しかったです。今までベンチで見た中で、一番楽しめました。と言いきれるほど、選手の成長が様々な場面で実感できました。

 さて、今日のテーマは、『①状況把握からの判断』と『②3秒ルール』の2つです。

 ①については、ここ最近うるさく言い続けていることで、①が正しくて実行た上でのミスはOK。とにかく、ボールを持った場面で、前をよく見ようとしていました。これは、意識が高かったので、継続してほしいです。

 ②の3秒ルールは、味方がボールを保持しているときに、取られてしまったら、3秒間必死にディフェンスをしようという約束です。これも、多くの場面で粘り強くディフェンスできました。これは、練習で特にやってきたわけではなかったのに、よく対応してくれました。いいプレッシャーをかけることができました。

 この2つのテーマがしっかりできた上に、今日は他の場面でもベンチで驚く場面がたくさんありました。

・ボールをディフェンスの前にさらさないように、体を上手に使いながらのボールコントロール。
・終盤には、縦パスをディフェンスを背負いながら、上手に受ける場面も増えました。

「そんなことできるの??すげージャン!!」「素晴らしい!!」心の叫びがたくさん出てくる嬉しい2試合でした。この調子で来週も頑張りましょう!!

以下、本日の試..

 今日の練習に限っては、順調に成長している部分、なかなか改善されない部分、ちょっと後退してしまった部分、色々ありました。

①1~4年生のボールマスタリーは、順調に成長しています。
②低学年の集合して、話を聞くまでの時間は、改善されません。
③1~4年生の準備・片付けは、後退しています。
 
①ボールマスタリーについては、毎回微妙に変化させるメニューへしっかり対応できる選手が増えています。イメージ通りに体を動かすことができるようになっています。欲を言えば、どのメニューにもスピードを上げて、失敗大好きって感じで、ギリギリの取り組みをしてほしいです。

②話を聴く姿勢は、前回とあまり変わりませんでした集合しても、つつき合ったり、よそ見をしたりまだこれから改善できそうです。楽しく練習しているのはいいことですが、しっかり『切り替え』のできる選手になりましょう。

③今日は、1~4年生は、自分たちの練習準備、片付けを人任せにしてしまう場面が目立ちました。もちろん、協力して準備できる人もいました。練習開始時、低学年では自主的に準備できたのは、1人だけです。この選手は、練習中もよく周りを見て、積極的に動くことができました4年生は、使った道具を誰も片付けず、グランド整備もせずに帰ってしまいました。前回まで、しっかりできていた部分ですね。疲れてしまったのでし..

上手なチームと試合をすると大きな刺激をいただけます。パス&ゴーが自然にでき、ワンタッチパスの精度も高い。だからワンツーが自然にできる。シュートするときに、キーパーの位置を見て、ループシュートを選択する。同じ学年でも、そんなプレーができるのを目の前で見せられると、感心したり、悔しかったり、ジェラシーのような、すごく複雑な感じでした。「近い将来、追いつき、追い越したい」そんな想いをも持たせていただけました。このような場を設定していただけたこと、本当にありがたかったです。

今日対戦したチームは、練習量の異なる(多い)相手チームが多く、その相手に選手はよく頑張りました。4年生チームは4年生の人数が少ない中、たくさん点を取られても、声を出して盛り上げようとする姿が見られました。落ち込みそうなときに、自分達で声を張り上げて、気持ちを奮い立たせることは大切です。プレー中の声も少しずつ増えています。これは練習の成果です。3年生は、いつも通りアグレッシブな動き、必死さが伝わるプレーがたくさん見られました。「疲れただろう?」と聞くと、疲れてあきらかにボーっとしているのに、「全然大丈夫!」と強がっちゃうところも面白かったです。また、一部の3年生は、合計6試合もこなしました。かなりのオーバーワークだったと思います。家に帰ってから、しっかりストレッチでき..

 気持ちのいいあいさつ、言われなくてもできる選手ばかりになってきました。あいさつは、グランツのときだけでなく、普段の生活でもしっかりできるようになるといいですね。練習の準備も、進んでできる選手もいて気持ち良く練習が始められます。

 練習中に、集合して話を聞く場面がありますが、今日は集合しても、なかなか集中できない場面がありました。これも切り替えの一つです。現代サッカーは攻守の素早い「切り替え」が重要だと言われています。プレー以外の部分でも、素早く切り替える習慣を身につけたいです。次回の練習では、ピシッと切り替えられるといいですね。

 今日の練習でもいい場面がたくさん見られました。その一部を記します。

 まず、ボールマスタリー。毎回の練習で少しずつメニューを変えています。今日もそうでしたが、最近の練習では、「えー、分からん」という後ろ向きな声は聞かれません。「なんとかしてマネしよう」「やってみよう」という姿勢ばかりです。このイメージ通りに動こうとする練習は大切です。いいプレーを見たときに、それを真似する力も高まります。足元の技術も、頭も鍛える、いい取り組みができています。

 初めての練習、「オーバーラップからの1対1」では、ボールを持った味方の死角から追い抜く際、「ヘイ!」とただ声を出すだけでなく、「前!前!」とメッセージを..