サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

東海エリアのサッカー&フットサル団体が書いたブログ一覧

◆4年生練習
 時間が経つにつれ、日差しがだんだん強くなり、気温が上がってくる中、集中して最後まで練習できました。水分補給でも、パッと給水して戻ってくる選手が増えました暑い中、このようにキビキビ動けるのは大したものです。これからも続けていきましょう
 今日の練習では、ここ2回の試合で見つかった課題克服に向けた練習を中心に行いました。大きな課題である「ファーストタッチ」では、どこにボールをコントロールするか、とても大切です。今日は新たに「プレスつき三角パス」をやりました。慣れないメニューで、戸惑った選手も多かったのですが、だんだんファーストタッチがよくなってきました。次回は、ディフェンスの位置を確認してディフェンスのいない場所にボールをコントロールできるようになりましょう。そうすると、試合中にもっとゆとりを持って周りを見られるようになりますよ。
 最後にやった「4対4」のゲームでは、「ディフェンスでは縮まって、オフェンスでは広がる」をテーマにしました。ディフェンスで縮まる意識は全体的に高くなってきました。しかし、オフェンスで広がる意識の高い選手は、まだごく一部です。その広がった選手にパスを出せるようになると、もっとサッカーが楽しくなりますよ。

 やっぱり、4・5年生は理解する力が高いです。ブラジル体操をやっても、給水方法について話を聞いて理解したり、見たことをイメージして真似できたりする選手がたくさんいました。こういう姿が見られると、選手の成長が実感できて嬉しくなります。
 反面、残念な場面もありました…。練習メニューの切り替えは、今日はやたらと時間がかかってしまいました。暑かったせいもあると思います。ただ、こうした切り替えは、ゲームでの攻守の切り替えの遅さにも出ていました。「気づく」「考える(判断する)」「行動する」が、できるような選手・チームになれるといいですね。今日の練習中、「早く○○しようよ」という声が、何回も聞かれました。「気づき」(仲間の遅い動きこと)、「考え」(どうしたらいいのか?)、「声をかける」(どのように行動すべきか)。こうした場面が増えたのですから、選手の意識は高まっています。これからが楽しみです。
今日は、1対1練習をいくつか行いました。このメニューの一つでは、「ボールと相手選手の間に体を入れる」を課題にしました。以下の動画をイメージした練習だったのですが・・・。すぐにはできませんね。いつも言っているように、練習ではチャレンジして、どんどん失敗しましょう。
http://shounen-soccer.com/blog/1day_camp_traning_1vs1_offence1/
「ボールと相手選手の間に自分の..

■試合結果
 VS 米野   負け(0-4)
 VS 三ツ渕  勝ち(1-1) PK2-1

 今日のゲームは『3歩進んで2歩下がる』の「2歩下がる」時だったようです。全体像を見ると、確実に成長していますでも「こういう日もあるか…」と、コーチは思うことにしました
 試合前の練習を見ていると、確実に上手になっているのがわかります。でも、今日のように試合の勝ち負けに、「直結しない」ときもあるわけです。特にボールコントロール、ボディシェイプ(体の向き)は、練習中、「いいね~」と思う場面が増えています。試合が始まる時は、「どのような試合ができるか」楽しみでした。しかし…。試合では「ディフェンスの位置によって、ボールを止める位置を変える」ができない選手がたくさんいました。「状況によってプレーを変える」これから意識して練習できるといいですね。
 また、試合を振り返って、次のような選択のミスがなかったか、思い出してみましょう「すぐにパスする」ではなく、「とりあえず相手に取られない位置にボール置き、キープする」べき場面ではなかったか。また、「ドリブル突破する」ではなく、「フリーの味方にパスする」べき場面でなかったか。このように、試合を思い出して「考える」「振り返る」を積み重ねると、大きな成長につながります。
 他にも、自分のポジションや役割を忘れて、プレーしていた選..

■試合結果
 VS ブレイブ 勝ち(1-1) PK2-0
 VS 米野   負け(0-2)
 VS GVB  勝ち(5-0)かがみコーチありがとうございます
練習試合(15分のみ)
 VS レビン  勝ち(2-0)

 Kリーグで3試合、フレンドリーで15分ゲーム1試合行いました。最初の2試合は、ボールが来たら、ただ前に蹴る。そんなプレーがたくさん見られました。しかし、最後の2試合は、前だけでなく、周囲を見て横にもパスを出すプレーがだんだん増えてきました。サイドの選手も、広がってボールをもらおうとする動きも増えてきました。「今までできなかったプレーができるようになる」こういう場面に立ち会えるとワクワクします。そのプレーが点に結びつかなかったとしても、勝利に結びつかなかったとしても、「今までできなかったプレーができるようになる」この積み重ねが大切ですよね。
 今日は「小木SC」とは、対戦できませんでした。隣で試合をしている様子を、チラッと見ましたが、上手でしたね。Ball Controll・Body Balanceが、しっかりした選手がたくさんいました。パスが来たときのファーストタッチの正確さ、ドリブル突破での体の使い方、感心してしまうほど上手な選手もいましたね。
 今日4試合で強く思った事、それは「Ball Controllが正確にできてこそ、ゆとりを持って周囲を見て、考えたり、判断したりできる」でした..