サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

サッカー&フットサル団体が書いた2020年9月のブログ一覧

第一回鹿嶋市サッカーフェスティバル7人制大会

4連休最終日は穏やかな天気のもと、卜伝公園にて第一回鹿嶋市サッカーフェスティバルが開催されました。
新型コロナの影響でさまざまなイベントが延期、中止となりましたが、この大会は、鹿嶋市が、コミュニティースポーツとして遊び感覚で楽しめる「7人制サッカー」を主としたスポーツイベントで、今年が初めての大会となります。

感染予防のため、フィールドに入る前には除菌ジェル、マスク着用が呼びかけられていましたが、簡易的な軽食・飲み物ブースが設置され、久しぶりのお祭りのような雰囲気です。

クラスも小学生・中学生の部だけでなく、バチバチやりたい「オープンの部」、サッカーを純粋に楽しみたい「エンジョイの部」、女性チーム「レディースの部」、50歳以上「シニアの部」等、バラエティに富んだサッカー観戦が楽しめました。

中でも東京オリンピック・パラリンピックの正式種目である「ブラインドサッカー」の紹介は目から鱗でした!
恥ずかしながら「ブラインドサッカー」という競技を知らなかったので、目隠しをした状態で耳と感覚だけで鈴の入ったボールをコントロールし、ゴールに入れるデモンストレーションには感心しました。
ヒユウは「ブラインドサッカー体験」で目隠しした状態でのドリブルやパス、シュートを体験しました。
ブラインドサッカーでは音が重要な要素!声を出さないとパスもシュ..

9/22(祝)U9トレーニングマッチ結果

VS 大六フォンターナ
0-3

VS 大東SC
4-1
得点 けい2 あつき ふうが

VS グランドライン
0-3

本日は12分ハーフを3試合、たっぷり楽しめました。とはいいながら前半組と後半組に分かれて試合をしたため、半分しか出場できていないため、選手達はもっとやりたかった気持ちが出てましたが、、、
1試合目はこれまで練習したことを何もできないまま終わってしまいました。試合をするにあたり何をすべきか、試合に臨む気持ちを作る、その準備ができる選手に成長しなければいけません。
2試合目はどこでパスを繋ぐのか、どういう形を作るのか、を整理して臨みました。しっかりとしたポジションが取れ、正確に蹴れる技術があれば、良い形で崩すことができる、という見本のような攻撃を見せてくれました。
3試合目も良い形で崩す場面も見られましたが、得点まで結びつけることができず、3失点。
大切なのは今日の試合から何を学んだか、です。
相手の少ない場所から早く攻める、という目標に向かい、今は簡単にボールを失わないこと。ファーストコントロール、ドリブル、を相手に向かってしない、横に運ぶとき、縦に運ぶとき、の判断を冷静にすること、全てはそこが始まりです。ボールを蹴る、止める、運ぶ、はサッカーの基本技術です。しかし、一番大切なこと。試合でうまくいかな..