サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

スポーツ団体が書いたブログ一覧

2020年11月28日(土)マグナムカップ
メンバー・りょーすけ、しげ、慎吾、けんじ、しゅうや、こうへい、ひろき、かずき、ポンちゃん、市井

〈試合結果〉
7セット全勝 優勝🏆

マグナムB大会に出場!
1セットmatchの男子大会は初体験でした!あっという間に終わるね。

体育館はコロナ対策のために窓が全部前回でした🥶寒かったねー⛄

予選は大学生と3チームリーグ戦を行い、2勝して予選を1位突破!
時間が余っていたので練習試合を行い、これも2勝!みんなの調子が良かったよね😀

上位リーグ戦の2試合目が慶応のサークルと試合、元気があってノリの良いチームでしたが、これも撃破!
決勝はかなりレベルの高いチームでした。エースがガツガツ打ってくるうえに真ん中のブロックも高かったですね。

この試合のMVPはしゅうやでしょう!
苦しい場面でレフトから切りまくってくれました!これで乗っていけましたね!
サーブも良かったです😀

けんじは相手セッターの上からストレートに落とす攻撃で得点を量産!
さすがでした!

相手のサーブミスにも助けられて優勝をすることが出来ました❗

前回は全員を均等に出場させることに重きを置いてしまったので、勝つことが少しないがしろになってしまいましたが、この日は勝つことを目標にした結果が出たのだと思います。
まぁ、当たり前なんだけどね。

やはり、勝..

【現状】
約40年前より、中学校部活コーチ・市民卓球教室・みたかスポ少・AZ クラブ・TAC をそれぞれ指導・開設・創設。全てが、ようやく軌道に乗りつつある。部活コーチからは、約10回のB 大会優勝と毎年都大会に出場。市民卓球教室からは、数十人が市内中・上級者へ。みたかスポ少からは、現在市S 連覇中・至宝荻村さん等の育成に12年間関われた事に感謝は尽きない。そして今、市小中高同窓会卓球連合と市障がい者卓球協会の組織運営を進めているところである。先ずは、市町村W王者C 市理事の組織運営・人間力・人材育成が身近な目標となる。結びに、市卓球界発展のポイントは、運営側の《明確な目的と仲の良さ》であるが、誰かが《自分が変われば変えられる》気概・希望・大志を抱き、目標を貫徹する意志と共に、差異を受け入れる心や他者を尊重する気持ちがなければ、そうした行動を持続する事は困難である。

【緊急課題】提言
1.コロナ感染拡大防止の為、ワクチン実用化迄の期間、今年度市卓連主催大会の中止。オリ・パラ開催成功に向け、卓球愛好家の命を最優先。今は仕事・学業・家族等、人生の基盤重視。★解決策…練習会場不足の為、市内卓球愛好家に開放。←解決策、9月度課題解決。
2.三鷹市卓球連盟の規約改定→外部公開(〓アドバイス)。運営基盤・理念と将来像の明確化。
★市卓球界発展よりも運営面重視…との懸..